SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 御霊によって | main | パソコン設定のトラブル >>
6月の最後の礼拝を終えて
0

    〇6月の最後の礼拝を終えて:

     今日(28日)の礼拝が6月の最終の礼拝でした。3時半頃に帰宅しましたが、さすがに疲れました。この2ケ月半、コロナのために汽車を避けて車(軽自動車で片道1時間半強)で礼拝に通いました。行き帰りの時間と、礼拝の時間を合わせて約4時間連続で動きました。さすがに77歳のロートルには厳しい時でした。コロナも少し落ち着きましたので、来月の7月からは従来の汽車を使い、車の時間よりは短縮されて少しは軽減されます。今日の礼拝には大人6名と子ども2名の計8名でした。でも会堂で礼拝が出来る幸せをつくづく感じました。皆さんがこの鳥栖(伝)を愛する方々で、穏やかに内に秘めた喜びを感じながら守り続けました。このような姿が不満で去った人もいますが、外面的に判断してはならないと思います。信徒や牧師を裁いては健全な教会形成は出来ません。

     これからの鳥栖(伝)がどのような歩みがなされるかは分かりませんが、引退した身ではありますが、出来るだけの奉仕を会員と共にさせていただきたいと思っています。5月で鳥栖チャペルのホームページは閉鎖されましたが、出来たら新しい形で作りなおしたいと思っています。今、無料のホームページを検討しています。今まで個人に頼りすぎていた感じがありました。他の人も手が出せない事もあり、それは余り良い状態では有りませんでした。

     教会形成は本当に難しいですね。今までの鳥栖(伝)の37年間の歩みを振り返りますと、随分色々な問題がありました。勿論喜ばしいことも一杯ありました。本当はもうとっくの間に伝道所から教会になっていなければいけない状態でした。でも困難な問題の連続で今まで来てしまいました。残念なことです。でも主は見捨てずに守り、今まで継続してくださいました。皆さんの背後にあるお祈りのお支えを心から感謝いたします。

    | - | 17:52 | comments(0) | - | - | - |