SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 父の日礼拝 | main | 6月の最後の礼拝を終えて >>
御霊によって
0

    〇御霊によって:

     28日(日)は6月最後の礼拝です。1月から言えば半年間が終わるわけです。今年の前半は何回も話されているように、新型コロナウイルスに翻弄された時でした。ほとんどの教会が3月〜5月までは会堂での礼拝や諸集会が出来ませんでした。長い歴史の中でも初めての経験でした。それも世界中での拡がりでした。色々な分野に影響を与えました。私の好きなプロ野球もやっと先週の6月19日から開始されました。無観客試合での形式でした。

     さて28日の礼拝では、ペンテコステ(聖霊降臨日)で出来た初めての初代教会の共同体の姿に学び、現在のキリスト教会のあるべき姿を求めます。鳥栖(伝)は再開拓ですので、余計にその事を深く感じます。ペテロが御霊に導かれて説教をしたときに、3000人も導かれて洗礼を受け、初めてキリスト教会が出来たのです。御霊の導き、働きを抜きにしては考えられません。「御霊によって」とはギリシャ語で「プニューマティー」です。新共同訳では「御霊の導きに従って」と訳されています。パウロはクリスチャンの生き方について「もし私たちが御霊によって生きるなら、御霊に導かれて進もうではありませんか。」(ガラテヤ5:25)と語っています。心の王座をイエス様に明け渡して、何事においても心配しないで希望を持って歩みたいと思います。28日は初代教会にとって大切な「共同体」について学びたいと思います。これこそ最初に鳥栖(伝)が開拓で目指した目標でありました。キリストの共同体造りを「キリストのコロニー」と題して、主は目指したビジョンをことごとく実現してくださいました。本当に感謝なことでした。

    | - | 09:13 | comments(0) | - | - | - |