SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< ペンテコステ(聖霊降日)前の礼拝 | main | 6月に入りました >>
初代教会と鳥栖開拓伝道
0

    〇初代教会と鳥栖開拓伝道:

     5月31日(日)は「ペンテコステ」です。イエス様が昇天されて10日目に約束の聖霊降臨があったのです。復活後の50日目(5旬節)でした。「7週の祭り:シャブオット)とも言われています。麦の収穫を祝う時でもあったのです。ちなみにイスラエルでは3大祭りと言い、この7週の祭りの他に、春の「過ぎ越しの祭り(ぺサハ)」と、秋の「仮庵の祭り:スコット)があります。

     ペンテコステはクリスマスやイースターと比較して、少々馴染みが薄いかも知れません。でも大切な記念の時なのです。120名があの2階座敷(アッパールーム)で10日間にわたり心を合わせて祈り待ち望んでいた「聖霊降臨」が、イエス様の約束通りに果たされたのです。弟子たちや人々に「ただ、聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、さらに地のはてまで、わたしの証人となるであろう。」(使徒

    行伝1:8)との約束通りに望んだのです。そして多くの伝道がなされて救われる者が続々と生まれたンおです。あのペテロの説教で一度に3000人も救われた(使徒2:41)とあります。驚くべき神の御業です。

     さて、このような御業が今から37年前〜に鳥栖で起こったのです。思い出せばすべてが神の奇跡でした。家の教会から3年〜5年目に鳥栖の中心地に417坪の土地が与えられ、会堂、牧師館、共同宿泊施設が次々と与えられたのです。また新しい魂が年々加えられ、神様から与えられたビジョンの「キリストのコロニー」計画が始まったのです。マタイ25:40「すると王は答えるであろう。あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである。」この御言葉によって鳥栖開拓は導かれ、大きな祝福を受けたのです。ペンテコステを迎えるごとに鳥栖開拓の初期の恵みを思い出します。何をするにしても伝道につながって行きました。当時、日本で最も伝道の不毛の地である佐賀の地に、主は偉大な御業をしてくださいました。

    | - | 12:09 | comments(0) | - | - | - |