SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 教会堂での礼拝について | main | 5月に入りました >>
誕生について
0

    〇誕生について:

     コロナウイルスが猛威をふるう真ただ中ですが、皆さんは大丈夫でしょうか。十分気をつけてください。お祈りいたします。我が家庭でも色々な面で細心の注意を払って生活しています。マスクは当然ですが、外から帰って来ると消毒します。靴や着る物を消毒スプレーし、ある時には全部着替えます。買い物品は家に帰ると玄関で全部消毒布で拭きます。

     そのような毎日が続いていますが、いつまでコロナは続くのでしょうか。やがて政府の宣言した5月6日(ゴールデンウイークの最終日)

    がやって来ます。教会でもほとんどの教会が礼拝や祈祷会を教会ではしなく、各家庭で工夫をしながらされています。非常に不便ですし、霊的にも何か弱さを感じるものです。仕方がないこととはいえ残念なことです。本当に早く終息してほしいです。

     さてこのような中で個人的には28日に77歳の誕生日を迎えます。一般的には「喜寿」と言われています。よくここまで体が持ったものだと思います。大学卒業後、がむしゃらに15年間に渡り働き続け、37歳で献身して東京の神学校に家族共々入り、40歳で鳥栖開拓伝道にゼロに等しい出発をいたしました。鳥栖教会の誕生は1983年4月1日です。家の教会からです。それぞれに誕生日があります。わたしの場合は1943年(昭和18年)4月28日です。第2次世界大戦の末期でした。家系としては歴代にわたり「血管関係の病気」が多く、兄(60代初め)や父(70代初め)は脳梗塞等で亡くなっています。母は若くして敗血症で40歳で亡くなりました。私も40歳過ぎにホスピスで協力していた病院で、血液関係(特に血症板過多)が悪く、長生きしないと言われました。その者が今まで守られて生かされているのは不思議です。神様がまだ召されるのは早いからと言われているように思えます。今の時を大切にしたいと思います。

    見よ、今は恵みの時、見よ、今は救いの日である。」(競灰螢鵐硲供В横癲

     

    | - | 10:52 | comments(0) | - | - | - |