SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 鳥栖開拓の初期の恵み | main | 誕生について >>
教会堂での礼拝について
0

    〇教会堂での礼拝について:

     新型コロナウイルスが猛威を振い、外出自粛が要望されている昨今、多くの教会も礼拝を各家庭で色々な方法でされています。当伝道所も4月は5日も12日も教会堂での礼拝を止めて、各家庭で守っていただきました。特に12日はイースターでもあり教会で守れなかったことは残念なことでした。

     牧師の私が霊的に飢え渇き、教会の皆さんも礼拝堂で礼拝を1回でもやりたいという思いがありました。それで19日は十分な注意をして行いました。短時間でしたが「教会で礼拝が行われたことは良かった」との意見をいただきました。19日は大人6名、子ども3名の9名の出席がありました。CS合同礼拝にしました。遠い北九州から車で2時間以上をかけて出られたA姉(勤務の都合で北九州に行かれた)もおられ、私たち夫妻も車で途中で都市高速を使い、1時間半かかりましたが教会に着きました。汽車(私は片道65分快速で)はやはり避けるようにと周囲から言われていました。A姉は霊的に飢え渇きを覚えて来て良かったと言われていました。ただ政府や県からの指示要請の5月6日までは慎重にしたいと思って、26日と5月3日は各家庭でしていただく事になりました。週報とわたしの説教原稿をラインで流すことになっています。5月10日は「母の日礼拝」ですので、出来れば教会でCS合同で行いたいと願っています。また5月31日は教会3大教会暦の「ペンテコステ(聖霊降臨日)」です。

     しばらくはこのような状態が続くことでしょう。どうぞ主にある教会、皆さまは十分に健康に気をつけていただいて、コロナウイルスの終息を願いながら日々励んで下さい。お祈りいたします。

    | - | 10:27 | comments(0) | - | - | - |