SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 鳥栖開拓の初期の恵み | main | イースター礼拝に備えて >>
受難週からイースターへ
0

    〇受難週からイースターへ:

     

     そのとき、イエスは声高く叫んで言われた、「父よ、わたしの霊をみ手にゆだねます」。

     こう言ってついに息をひきとられた。(ルカ23:46)

     

     いよいよ今年も教会暦では「受難週」を迎え、来週の12日(日)は「イースタ(復活日)です。今週の金曜日(10日)が受難日です。祈りつつ過ごしましょう。

     

    さて、私事ですが、先週の3日(金)に車の免許証の更新をすることが出来ました。75歳以上は必ず受けなければいけない「後期高齢者の認知症検査」を1月14日に受けて、4月1日に飯塚自動車学校で3時間の講習と実技、目の諸検査を受けました。地元の宗像自動車学校では予約が取れなくて、前にいた飯塚自動車学校(前回の3年前にも受けた学校)でようやく予約が取れたのです。大変ハードな3時間でしたが無事に実技もパスして、公安委員会の講習修了証をいただきました。それを持って地元の宗像交通安全協会で「新免許証」をいただきました。昭和42年4月に最初の免許証をいただいて、53年間になります。77歳になりますので恐らく最後の3年間になるのではないでしょうか。80歳で返上しようと思っています。ほとんど毎日乗り続けて53年間無事故で来られたのは主の恵みではないでしょうか。今でも毎日のように車には乗っています。自動車学校で教官が最後に言われた言葉があります。「これから2つの事を言います。ひとつは運転には近回りせずに、遠回りしてもいいから余裕を持ってしてください。二つ目は5分前行動を心掛けてください」との言葉でした。何か他のことにも通じる心がけと感じました。

     

    | - | 15:09 | comments(0) | - | - | - |