SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 鳥栖開拓伝道の初期の恵み | main | 鳥栖開拓の初期の恵み >>
鳥栖開拓の初期の恵み
0

    〇鳥栖開拓の初期の恵み◆

     懐かしいこの鳥栖(伝)で2019年度最後の礼拝をレントの中で、3月29日(日)に守ります。時は新型コロナウイルスの全国(世界)的に感染被害が猛威を振るっている最中です。短く礼拝をしてすぐに解散いたします。

     さて鳥栖開拓の多くの恵みが当初ありました。前にも項目は上げていましたが、今日は一番影響を受けた「異端救出」について書いてみます。当時大変な社会現象にもなっていて、社会の各層に大きな影響を与えていました。多くの大学内での活動を例にとっても、特に若い層に広がりを見せていました。若者を取られた家庭は毎日悲しみに明け暮れていました。どのようにそこから脱会させていい分からなかったのです。キリスト教会に駆け込み実情を訴えても牧師方は経験がないし、余り触れたくないとの思いが表れていました。それはある面では仕方がなかったのです。脱会活動にかかわると大変な労力と時間がとられて、本来の牧会に影響が出たのです。それで実際に活動していた私の所に親御さんから相談が次々と寄せられたのです。

     前後しますが私が最初に関わりを持つようになったのを紹介します。まだ家の教会時代でした。近所のあるおばあさんがある日突然私を訪ねて来られました。「福岡県に住んでいる孫がキリスト教に走ってしまい、家にも帰らないで洗脳を受けてしまったようです。助けてください」とのことでした。その時は全部が同じキリスト教と思われていたらしいです。私はすぐに親御さんに連絡をとり、1年間にわたり救出活動をしました。その青年は真面目な人でしたが、完全に洗脳されて、当初何を言っても信じてくれませんでした。彼女の母親も必死で取り組んでくださり、ついに脱会に成功しました。ところが次の段階が難しいのです。真のキリスト教、真の救い、伝道、愛・・・を説いて、十字架信仰まで導くのに祈りと個人伝道が必要なのです。例えば私たちが当たり前の思っている、同じ言葉の「伝道、愛・・・」すらも、最初は違うように解釈され、もうそこから離れたいと言われるのです。具体的なプロセスは省きますが、家族にとってもある一面では命がけの救出なのです。彼女はすっかり変えられ、真の救いを得られて教会生活に遠い道を車で来られました。

     それから多くの方々(ほとんどが青年)が脱会され、半分ぐらいの方が真の信仰に導かれました。わたしが命がけで脱会活動をするので、異端の責任者が来たり、見張りをつけられ、教会員が「大丈夫ですか。十分気を付けてください」と言うほどでした。トータル的には10年余りで20人ぐらいの脱会相談にのり、その半数ぐらいが救われたでしょうか。救われた人たち、ご家族はその後の鳥栖伝道に大きな力になっていただきました。これは他の伝道にも言えることですが、多くの家族が言われた言葉が私の心に残っています。それは「子どもや孫の命が救われた。感謝します。この喜びを何に変えたらいいでしょう。」とのことです。マタイ25:40「・・・最も小さいものにしてくれたことは、すなわちわたしにしてくれたことだよ」イエス様のことばです。

    | - | 10:55 | comments(0) | - | - | - |