SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 主の憐みといやし | main | 鳥栖開拓伝道の最初の思い出 >>
3月を迎えました
0

    〇3月を迎えました:

     今年も年度末の3月を迎えました。1日の礼拝は新コロナウイルスの影響で、教団からの通達もあり「教会での礼拝を中止」にして「家庭礼拝」にしました。私の長い信仰生活55年、牧会生活37年で初めての経験です。確かに各学校や人の集まる施設もお休みになり、ウイルスの侵入を防ごうと各方面で努力されている様子が分かります。前任教会の飯塚教会でも3月のすべての教会行事を中止にし、1日、8日の礼拝を休み、各家庭で礼拝を守るようにと通知されています。今回の新型コロナウイルスは高齢者に危なく、多くの高齢者が感染され死亡されています。十分気をつけて行きたいと思います。「手洗い、うがい、マスク着用」と基本的なことを守り、余り多くの人々が集まる場所には行かないようにしています。

     私の大好きなスポーツも無観客試合や中止、延期になっています。8日から始まる予定のあの「大相撲春場所」すらも分かりません。1日に結論が出るとのことです。1日の「東京マラソン」も一般参加の38000人を断り、選手だけの大会になるとのことです。

     日本中いや世界中が大変な状況です。早く終息してほしいです。そのことを祈るのみです。今年はオリンピックも日本であり、終息しないと大変なことになります。これからも新しいウィルスが次々と人類を襲ってくるでしょう。災害とともに防御する体制が大切になって来ています。病気のガンもそうですね。時代が大きく変化しています。それも私たちの思いを遥かに超えたスピードです。これからの世界、社会、そして日本はどのような道を進んで行くのでしょうか。

     

    | - | 08:08 | comments(0) | - | - | - |