SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 1月の感謝と九州聖化交友会委員会 | main | 野の花のように >>
2月に入りました
0

    〇2月に入りました:

     いよいよ2月に入りました。新年も1ケ月経過しました。月日の速さを感じます。2月は私たちの教団は3つの記念日(月内)があります。「教職奨励月間、女性月間、信教を守る月間」です。カレンダー的には短いのですが、意味のある月です。教団の年会(小年会、代議員制)も東京で開催されます。ちなみに2年に一度の大年会は大阪で行われ、全教職と教会代表の信徒がそれぞれ参加します。

     2日(日)は2月初穂の礼拝です。聖餐式もあります。月間の1つの目標である「教職奨励」のメッセージをします。戦いにある教職、教会のために祈り支える月間です。今回は「立てられた宣教者」(1テモテ2:1〜7)でメッセージをいたします。

     先月末の27日に福岡の兄弟団福岡教会で、「九州聖化交友会委員会」が行われました。車ではなく汽車とバスを乗り継ぎ、雨の中をやっとたどり着きました。2つの議題があり、1つは私が会長をしていましたが、辞任(3年前からお願いしていました)を正式に承認していただくことと、今年は外国人講師が来られないので大会をするか、しないかとの議題でした。2つの議題は色々と意見もでましたが、結論的には会長辞任(顧問には残るとの条件)を認めていただき、新会長を選任するとのことになりました。大会は地元の牧師でするとのことになりました。

     これで私の40数年の超教派の役職は全部なくなり、背後で祈り手としての役目を担う立場になりました。直接的な長い超教派活動とのかかわりでした。教団引退教職としては2年になりますが、まだ鳥栖再開拓との使命が与えられて、老骨にムチ?を打ち頑張っています。どこまで続くか分かりませんが、健康が許す限り奉仕を続けさせていただきたいと願っています。引き続き皆さまのお祈りをよろしくお願い申し上げます。感謝。

    | - | 09:46 | comments(0) | - | - | - |