SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 九州聖書信仰大会に備えて | main | 私の健康管理 >>
私の母教会
0

    〇私の母教会:

     私は1943年4月28日生まれです。来年4月で満77歳(喜寿)を迎えます。京都府亀岡市に戦争末期の昭和18年に誕生いたしました。亀岡と言えば、来年のNHK大河ドラマ「麒麟」の主人公の明智光秀の居城(亀山城)があった所です。今は大本教の本部(綾部にも本部がありますが)になっています。その上部の場所に京都府立亀岡高校があります。私もこの高校を出ました。

     私の母教会の京都本町教会は、弓道で有名な「三十三間堂」の近くにあります。「京阪電車京都七条駅」をおりて10分ぐらいの所にあります。JR京都駅から歩いても20〜30分ぐらいです。私はこの教会で青年時代を過ごし、青木師、樋口師に仕えました。妻はその前の牧師の桜井師から受洗しています。青年時代は礼拝も60〜70人ぐらいで、青年が多い教会でした。勿論ご高齢の方々も多くおられました。私はこのようなご高齢の方々に養われて、献身も37歳の時(4人家族:妻と幼い子ども2人)にさせていただきました。

     信仰的にはこの本町教会時代に深く養われたと思っています。本町教会は歴史ある教会で、戦前はナザレンの本部になり、神学校もありました。多くの先輩の牧師方が学ばれ、ナザレンの基礎を作られた方々が多く出られています。よくこのコラムに書かせていただいているパン屑牧師の加来国生師もその中のおひとりです。1980年に献身して神学に入れていただき、1983年に佐賀県鳥栖で開拓伝道に遣わされたのです。その時はもうひとり子どもが生まれて5人家族になっていました。そして大変な開拓伝道が始まるのです。

    | - | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。