SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 再開拓伝道の難しさ | main | 私の母教会 >>
九州聖書信仰大会に備えて
0

    〇九州聖書信仰大会に備えて:

     皆さんは「日本聖書信仰大会」と言う大会をご存知ですか。以前は各地で行われたと思います。残念なことに今は九州のみと聞いています。九州は今年第59回になります。来年は記念の60回目を迎えます。

     この大会は故加来国生牧師が「クリスチャン、教会は神の言葉である聖書信仰に立たないといけない」と提唱されて始まりました。「聖書は誤りなき神の言葉であり、イエス・キリストの再臨においてすべてが成就されると信じる」との精神で日々待望生活を続ける教職・信徒の集いです。

     今年は講師に内田和彦師(JECA前橋キリスト教会)を迎えて、テーマ「聖書信仰と救いの確信(ローマ書8章講解」と題して3回のメッセージしていただきます。日程は11月25日(月)〜26日(火)で大牟田バプテスト教会で開催されます。内田師は最近新しく発刊された「新改訳聖書2017」の新約主任をされて、重要な役目を担われていました。大いに期待して参加したいと思います。

     私はこの大会の創立者の加来国生師(パン屑牧師、元佐賀バプテスト教会牧師)がお元気な頃から参加させていただいていました。宮崎や鹿児島にまで行ったことも何度かあります。聖書信仰は時代が変わっても大切です。当たり前のことですが、最近少々変わりつつあり心配しています。故加来国生師は以前にも書きましたが、戦前はナザレン教会の牧師で私の母教会の京都本町教会の大先輩です。佐賀の鳥栖開拓では随分お世話になり、励ましていただきました。全国的に有名な牧師で、各地にある教会の特伝では引っ張りだこでした。分かりやすいお話しをされました。魅力ある牧師で、未信者の方々も感激して帰っていかれました。

     最後に、私は26日の早天でメッセージのご用に立ちますのでお祈りください。またご参加ください。

    | - | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。