SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 11月の教会行事 | main | 九州聖書信仰大会に備えて >>
再開拓伝道の難しさ
0

    〇再開拓伝道の難しさ:

     私は今、鳥栖(伝)に帰り1年半になります。そしてこの鳥栖伝道をどのように展開したらいいか悩んでいます。従来のオーソドックスの方法で伝道を進めるべきか、それとも地域に必要とされる福祉的な働きに参入すべきか、いづれにせよ宣教の働きにには違いないのですが・・・。以前の若き時代だと、ぐいぐい地域に入り、色々な問題に共に取り組み、信頼関係を築き、そこから教会を知っていただき、来られる方々が増えて来ました。

     近年、荒れた鳥栖(伝)を先ず立て直すことが最優先と考え、雨漏れしていた会堂を内外(屋根、室内)に渡り修理していただき、会堂としては素晴らしくなりました。井手下兄が熱い夏場にもかかわらず、高熱の屋根に上り修理して頂き感謝でした。建物としては住居としては荒れていて住めなく、遠い宗像から片道1時間10分(正味、汽車に乗っている時間)かかり、駅に迎えに来ていただき礼拝と祈祷会の週2回通っています。ある面では中途半端な奉仕になってしまい、これでいいのかなと思うこともあります。数名の方々の伝道所ですので、無牧になると正直な気持ちでは、閉鎖になり、近くのナザレン教会に合流との心配があります。近くと言っても1時間ぐらいかかりますので、今の現状をみると恐らく通うのは困難でしょう。そう思うと何年頑張れるかは分かりませんが、先ず伝道所と今おられる方々を守らせていただくのが最優先かと思い通っています。

     もう一つの方針としては広い土地を生かし、地域の福祉センター、老人ホーム等々の働きに参与して、働きを広げていくのがいいとと思っています。これは簡単なことではないので多くの協力と、援助が必要です。でもピリピ2:13「あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起こさせ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。」とあります。かつて働いてくださった神は、今も働いてくださると信じます。全国にある主の方々のお祈りをよろしくお願いいたします。アーメン。

    | - | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。