SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 体調管理と日々の生活 | main | ナザレン九州聖会の恵み >>
敬老感謝礼拝を前にして
0

    〇敬老感謝礼拝を前にして:

     15日(日)は「敬老感謝礼拝」です。引退前の飯塚ナザレン教会は75歳以上の方々が30名前後でしたから、特別な食事会で祝いの時がもたれました。記念品も女性会が準備してくださいました。ところが鳥栖チャペルは75歳以上は牧師である私と、今入院中のM姉の2人だけです。今まで余りこのような感謝会(教会暦や準教会)はされていなかったようで、今回も頂く側の者が言うのも変な感じですが、これからは教会員に教えていく必要があると感じています。教会には色々な行事や、教会暦もあります。またナザレン教団の月間の記念目標が毎月のようにあります。例えば、この9月は「教会学校月間」です。祈り、袋献金で捧げるのです。牧師は月初めの礼拝でその月間の記念メッセージをするのです。

     私は出来るだけ、月間のメッセージの中で、その起源、内容、今の私達にたいする取り組み、使命を御言葉から語るようにしています。私は36年間の礼拝で、1ケ月前に御言葉と説教題、讃美歌を予告してきました。奏楽者や司会者、参加者の備えになりますので、これは必要と感じています。

     一般的には「連続講解説教」をしてきました。教会暦や準教会暦の時は、それに応じてしました。私は教会暦や準教会暦を大事にしてきました。例えば「召天記念会」等も大切に思います。しかし、教会には歴史があり、また前任者の方針、教会の規模もありますので一概に出来ません。今回、大きな教会(礼拝が70〜80名)から再開拓伝道のチャペル(礼拝が7〜8名)では余りにも格差があり、戸惑うことが多いです。腰を据えて取り組まないと精神的にまいります。ともかく今までお守りくださったことを感謝します。全国にある高齢者の皆さんの祝福をお祈り申し上げます。

    | - | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/654