SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 秋の伝道について | main | 献身について >>
自然の脅威
0

    〇自然の脅威:

    昨年からこの北部九州は台風や豪雨で自然の脅威に立たされました。今週も大雨で全国の皆さんにご心配をおかけいたしましたが、守られて大丈夫でした。昨日の祈祷会にチャペルに行き点検して確認いたしました。いつもお祈りに覚えていただき有難うございます。

     昔、鳥栖の地に住んでいたころには、台風が連続して来て、風速50〜60メートルの時もありました。夜でしたので生きたここちがしませんでした。私は幼いころに実家が大雨の時に何度か床下浸水して大変な状態になったのを覚えています。また就職していた時に、会社の倉庫が隣家の火災で燃えた時の事を思い出します。火と煙の回りの速さが想像よりもはるかに早く、恐ろしい思いをしました。連絡を受けて点検に入ったのですが、一歩間違えれば命を落とすところでした。火や煙、水等の自然をを甘く見たら大変なことになることを体験しました。

     20年以上も前の「神戸・淡路の大災害」では6000人以上の方が亡くなりました。また目の前に見た「雲仙大火砕流」の災害は、本当に恐ろしい光景でした。近年、台風や豪雨の被害が増えてきました。また全国的に地震の被害が起こっています。2011年には東京でも体験いたしましたが、あの東日本の大災害を思い出します。熊本・大分の災害もありました。

     聖書では終末の状況が黙示録等で記述されていますが、旧約時代には「ノアの時の水での滅び」が記述され、これからは「火」で滅びると記述されています。自然災害もその前兆でしょうか。核兵器等も人間の手で作られたものですが、その兆候かも知れません。私達は地球の平和のために祈らなければなりません。

    | - | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/651