SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 引退試合 | main | 自然の脅威 >>
秋の伝道について
0

    〇秋の伝道について:

     いよいよ今年も9月に入ります。一般に学校も夏休みが終わり2学期に入ります。9月はナザレン教団の「教会学校月間」になっています。また敬老月間でもあります。対照的な感じですが、子どももお年寄りも大切な存在です。教会では全人教育と言い、全年齢層に福音を伝える使命が与えられています。「少子、高齢化」の現在こそ大切な要素ではないでしょうか。

    「イエスはガリラヤの全地を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民のあらゆるわずらいをおいやしになった。」マタイ4:23とあります。マタイの9:35にも同じ記事があります。イエス様の最初の働きです。「伝道、教育、福祉」と現在流にはまとめられます。何とシンプルで分かりやすい働きでしょうか。この精神はどの教会にも当てはまります。

     36年前に私はこの鳥栖に遣わされて東京から来ましたが、上記の御言葉と、マタイ25:40「いと小さき者に愛を」とのイエス様の御言葉に励まされて、働きが開かれて来ました。日本で当時最も福音が届かない県と言われた佐賀県で、開拓伝道の最初に何から手を付けていいか全然分かりませんでした。しかし、主は不思議な方法で働いてくださり、救われる民を起こしてくださいました。詩編126:5〜6「涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。種を携えて、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくるであろう。」何と幸いなことでしょう。

     秋の伝道シーズンが豊かな実を結びますようにお祈りいたします。10月には特伝(チャペルコンサート」を今年も計画しています。春もすばらしいコンサートを持ち、多くの方々が来てくださいました。どうぞお祈りください。

    | - | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/650