SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 再び鳥栖の地でのビジョン | main | 各地の聖会について >>
8月に入りました
0

    〇8月に入りました:

     今年も早や8月に入りました。毎日猛暑が続いています。私が住んでいる宗像も涼しいと思っていましたが、福岡で一番高温の時もあり、涼しい所とは言えません。どこでも同じかも知れませんね。昨日も鳥栖の祈祷会に鹿児島本線の汽車で行って来ましたが、温度調整が難しかったです。冷房がよく効くときと、全然きかないときがあります。車内では半袖では寒いけれども、上着ではいい時と脱がなければおれない時もあります。祈祷会が12時に終わり、駅まで車で送っていただき、駅で立ち食いうどん(昼食)を食べ、汽車に乗り帰るのです。片道1時間10分ぐらいの行程です。快速がない時は区間快速で博多で各停に乗り換えていると1時間半はかかります。もう慣れましたが・・・。

     さて、8月は「ナザレン青年日、平和を祈る月間」です。4日(日)の礼拝では青年向けに、11日には平和のメッセージをいたします。「教会に青年が少なくなった。いなくなった」と最近よく言われ嘆かれている声を聞きます。確かにどの教会にも教会学校の生徒や青年が少ないです。地域に青少年はいないのでしょうか。少子化にはなりましたが、いるのです。反省をこめて言いますが、教会としてもどのようにしていいか分からないのが現状ではないでしょうか。以前はクリスチャンホームの子供たちが多く教会に来ていました。しかしそれすらも少なくなって来ました。危機感が一杯です。皆さんの教会は如何でしょうか。

     私たちの教会(伝道所)は礼拝の半分が青年です。と言っても少数ですが青年は数名はいます。教会学校も辛うじて継続しています。18日(日)の礼拝後にはバーべキュー交流をしたいと考えています。色々楽しいプログラムを考えて友達を気楽に誘える環境を考えないといけないと思っています。何もしないとそのうちに教会からCS子ども、青年が消えてしまいます。祈りつつ希望を持って取り組みましょう。

    | - | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/642