SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 6月に入りました | main | 教会がそこに存在すること >>
ペンテコステ礼拝
0

    〇ペンテコステ礼拝:

     6月9日(日)は「ペンテコステ礼拝」です。また「花の日、子どもの日」にもなっています。多くの記念日が重なっています。一般礼拝では使徒行伝2:17~21で「わたしの霊を注ごう」と題してのメッセージです。イエス様の約束であった「聖霊」が豊かに注がれたのです。120名の人々があの2階座敷(アッパルーム)で心を一つにして祈った結果でした。

     聖霊に導かれて人々は集まり、弟子たちは勇気づけられ、ペテロの説教で3000人も救われたのです。そして初めて「教会」が誕生したのです。キリストの共同体を形成して、大いに福音が広がり、すばらしい働きがあちらこちらにうまれて来たのです。

     私が九州の佐賀県鳥栖で36年前に開拓伝道させていただいた時も、初代教会に似た働きが次々に起こりました。「キリストの愛の共同体づくり」「キリストのコロニー」「心と体の健康」を掲げて、大きな実を結びました。地域と色々なつながりを持ち、信頼関係を構築して前進しました。福音のためなら何でもしました。どこへでも出かけて行きました。その結果、多くの方々が教会に集い、そこから救われる魂が毎年多く与えられました。

     ペンテコステのような聖霊の力が、日本の約7000の教会に注がれ、真のリバイバルが起こることを願い祈ります。私もこの鳥栖で開拓伝道に再チャレンジしています。75歳からの第3の人生に老骨にムチ?を打って昨年から立たせていただいています。 

    | - | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/629