SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< イースター礼拝 | main | チャペルコンサートに備えて >>
いよいよ平成から令和へ
0

    〇いよいよ平成から令和へ:

     日本の歴史で大きな転換期を迎えます。西暦2000年になった時も色々と感じ、新たな決意もしましたが、今回もそれなりに感じています。今までは天皇がお亡くなりになり、慌ただしく年号が代わりましたが、今回のような代わり方はスムーズでいいとと思います。

     クリスチャンとしてはやはり西暦で行ってほしいと思いますが、日本に住んでいる以上は仕方がありません。それでも新たな気持ちになります。これは自然なことだと思います

     それはそうとこの28日(日)に私は満76歳になります。いまさらとの思いもありますが、昨年引退しまして後期高齢者の仲間入りしました。何歳になっても誕生日は嬉しいものです。「誕生」という言葉はギリシャ語で「ゲネシス」、へブル語で「モレデト」と言います。英語ではご存知の「バース」ですね。よく「ハーピバースデー」と言って祝福をいたします。イエス・キリストの誕生が大きな出来事ですね。「誕生」というのは何も誕生日だけを表すのだけではなく、新しい事が成就した時に使います。36年前に鳥栖伝道所が開設されたのも「教会の誕生日」でした。歴史の中でペンテコステ(聖霊降臨日)は教会の誕生日でした。クリスチャンにはもう一つ素晴らしい誕生日があります。それは洗礼をうけてクリスチャンになった日です。ちなみにわたしは1965年11月14日でした。

     新しい希望に燃えて前進致しましょう。ハレルヤ!

     

    | - | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/620