SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< ナザレン教団第72回年会に出席して | main | 新来会者の恵み >>
年会印象記
0

    〇年会印象記:

     最近はほぼ毎年にわたり年会には出席させていただいていました。2年に一度の小年会は代議員制ですので、各教会の全員の牧師、信徒は出られません。私の場合は各地区で幹事をさせていただいていましたので出席しました。

     さて今年の第72回年会は理事長選挙や半数の理事改選もあり、おおいに注目されていました。アメリカの世界総本部からも監督が来られ、開会宣言や聖会メッセージ、長老按手式等に奉仕されました。その他にアジア太平洋ゾーンのコーディネーターや、マニラの神学大学の学長他が来賓として出席されました。数名の日本人牧師が手分けして英語の通訳をして、日本ナザレン教団も国際化してきたと感じました。

     この2年間に2名の現職の牧師が天に召され、5名の牧師が引退いたしました。70歳以上の牧師が14名もおられ、新旧交代の時期に来ているのではないでしょうか。各地に無牧教会があり、信徒や地区の牧師が交代で応援しているのが現状です。この現象はナザレン教団に限らず、他のキリスト教団にも多くある状態です。神学生が少なく、各教会でもCS(教会学校)生徒がいなくなり、青年層もいないとの現象が現れてきました。教勢報告を見ていましても近年推移がよく分かります。危機感一杯です。でもこんな時だからこそ皆で祈り、どうしたら教会に人が集まることができるのかを真剣に討議し、実践しなければなりません。今年の6月に教団伝道部主催で「ナザレン伝道会議」が、大阪で計画され、来年にはナザレン合同宣教大会が神戸で行われます。大いに期待して祈りたいと思います。

    | - | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/612