SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 私の想い出に残る台湾教会牧師方 | main | 3月への備え >>
私の想い出に残り残る在日大韓教会の牧師:
0

    〇私の想い出に残る在日大韓教会の牧師:

     最初に日本に大韓教会を作られた牧師のお一人の「金 元治:キム ウォンチ」師です。大阪西成教会元老牧師でした。大阪時代に大変お世話になった牧師の方です。特に日本キリスト伝道会「幻を語る会」には、いつも東京にご一緒させていただきました。何回か当時の会長の原 登先生にも大阪に来ていただき、大阪に支部を作るために大会を金先生と共に実行いたしました。実行委員長の松田幾雄先生も山口から駆けつけてくださいました。金先生には桃谷教会にも来ていただき、信徒セミナーでお話しをしていただきました。「個人伝道は難しくない。こう言いなさい。この教会はすばらしい。牧師先生のお話もよく分かり、やさしい」とだけ言い、新しい人を連れて来て牧師に会わせなさい」。さらに「あとは牧師がフォローされるから」と熱く語られたのを思い出します。

     もう一人は、李 聖柱(リーソンチュウ)牧師です。リー先生は北朝鮮から動乱の時に逃げて来られた方です。途中で捕まり、銃殺されようとしたときに、銃弾がそれて救死に一生を得られた方です。北朝鮮の隊長が「お前はまだ若いから、私の子供の家庭教師になれ」と言われたのです。その後、解放されてアメリカに留学され、その後にメソジストの神学大学を出られて、日本に遣わされて来られたのです。沖縄や北海道や福岡等を開拓された牧師です。私は鳥栖で開拓時代に親しくさせていただき、家族付き合いをしました。李先生が福岡の大韓福岡教会を牧会し、新会堂を建てられた時です。温厚な先生で奥様もワゴン車を運転される活発な方でした。韓国からの神学生も何回か福岡に来られた時も、鳥栖(伝)には宿泊施設が敷地内にあり、10数人はいつも泊まれましたので李先生から訓練の時を委ねられました。李先生が牧会中に教会が分裂したこともありました。色々なことを乗り越えて先生は牧会伝道に励んでおられました。私も先生の姿勢に教えられました。在日の牧師方には本当に感謝の程しかありません。

    | - | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/607