SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 想い出の牧師先生方 | main | 私の想い出に残る牧師方 >>
想い出の牧師方
0

    〇想い出の牧師方

     パン屑牧師の愛称で有名であった故加来国生牧師(バプテスト連盟の佐賀キリスト教会元牧師)です。先生は何回も私が開拓した鳥栖ナザレン伝道所に来てくださいました。同じ佐賀県で開拓したのがよほど嬉しく、気になり心配してくださったのでしょう。私の母教会の京都本町教会の大先輩の先生です。戦前、京都本町教会のナザレン神学校を出られて多くのナザレン教会を開拓され、牧会されました。第2次世界大戦終了後にはナザレン教会はまだ再建されていませんでした。それで加来先生はバプテスト教会を作られ、今のバプテスト連盟の基盤になったのです。先生は多くの弟子たちを残されました。とってもユニークな牧師で、話術が優れ、教会外の人々にも受けました。自分で尺八を造り、朗々と讃美歌を吹いておられました。

     私の鳥栖開拓にも色々な面で応援、援助してくださいました。いつも外に出られない奥様が、このナザレン伝道所にはお二人で訪問してくださいました。ある時には奥様がピアノで伴奏して、先生が尺八を吹き、時にはあの先生の渋い声で歌ってくださいました。貴重な時でした。なかなかそのような機会はないと関係者から聞きました。前後しますが1983年に鳥栖開拓をスタートしたのですが、その開所式(私の任命式兼ねて)にも来てくださり、「日下部先生、よく来てくれた。この佐賀という所は並大抵では福音が定着しない。苦労するが先生の内にあるものがあるなら、きっと祝福されるだろう」と、禅問答のような言葉をいただきました。5周年の時には「今までよくやったね。わしも変わっているが、君も変わっているね。これから楽しみだよ」と言われました。加来国生先生は日本の代表的な牧師で、各方面に用いられた方でした。

     

    | - | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/603