SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 私の想い出に残るキリスト教会ぁ東京三軒茶屋教会の追加 | main | 私の想い出に残るキリスト教会:福岡飯塚教会 >>
想い出に残るキリスト教会ァ福岡飯塚教会
0

    想い出に残るキリスト教会・福岡飯塚教会:

    2011年に東京から赴任いたしました。この年はあの東日本大災害の起こった年でした。東京も大きな震度で多くの人々がビルの外に出て、街路は人々で溢れていました。3月11日の出来事でした。私はあの時に国家晩餐祈祷会の大会に出るべく、新宿の京王プラザホテルにたどり着き、出席いたしました。でもこの地震の影響で出席者は予約の1/5ぐらいでした。講師が来られなければ、メインの説教をお願いしますとの会長の依頼で、私は別部屋で準備をいたしました。結果的には講師は自転車で途中まで来て、たまたまいたタクシーで駆けつけて、ギリギリ間に合いました。大会が終わって新宿西のJRの駅に行くと、溢れる9000人の災害難民に巻き込まれて身動きが取れなくなりました。帰れたのは明け方でした。この災害前の3月7~10日まで私は東京虎ノ門病院に検査入院(無呼吸症候群のために)していました。結果は重症ですぐに呼吸器を夜付けて寝るようにとのことでした。

     このような状況を長々と書いたかといいますと、この年に飯塚教会に転任したからです。飯塚教会の牧師が突然辞められるとのことで、あの大きな教会が無牧の危機に瀕しているとの理事会からの相談でした。九州の経験のある私に切なる相談がある理事から来て、わたしも祈らされ、結果的には「あなたが行き、収めなさい」との主の命でした。あの使徒行伝16章の「この町に来てわたしたちを助けてください」とのマケドニア人の叫びでした。本当はわたしたちはすぐに行ける状態ではなかったのです。年会の1ケ月前の状況でとても無理でした。事業もあり多くの課題をかかえていました。でも主の命に従い飯塚教会に赴任いたしました。具体的な状況は次回(NO2)に書かせていただきます。 

     

     

     

    | - | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/600