SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 新年への期待 | main | 私の想い出に残るキリスト教会◆У都嵯峨教会 >>
私の想い出のキリスト教会
0

    〇私の想い出の教会

     私の母教会は京都本町ナザレン教会です。受洗は学生時代ですので別の教会でした。しかし青年時代は実質的には本町教会で育ち、結婚し、献身した想い出の教会です。当時は青木義昭牧師、そして樋口 茂牧師の薫陶を受けました。妻はその前の桜井鶴太郎牧師から洗礼を受けています。本町教会はナザレンの本部として、熊本から引き継がれた地です。勿論戦前のことです。神学校もあり多くの牧師が育っています。

     戦後に献身した牧師として、女性の方々は何人かおられるのですが、男性は私が喜多川信先生に続いて2人目だと思います。多感な青年時代に牧師先生や、信徒の方々に愛され、祈られて信仰的に育てられたと思います。ほとんどの方々は天に召されておられます。桜井師、青木師、樋口師も召天されました。寂しい限りです。

     伝統ある本町教会で「ナザレンの源流」に触れて、良き訓練を信徒として受けさせていただき、献身に37歳の時に導かれました。幼い子ども達を連れての献身でした。15年間社会人として働きました。主に電子機器の会社でした。大学が電子工学でしたので・・・。

     神学校の3年間は本当に多くの援助に支えれ、祈られて終えることが出来ました。特に本町教会の盲人の方々の献身的な支えに感謝しました。当時70~80人ぐらいの礼拝でした。私は働きながら信徒学校(超教派)で学び、終了していましたので、牧師先生のお留守にはよく奨励(礼拝)をさせていただきました。CSや青年会、役員と多くの奉仕もさせていただきました。15年間の備えがあったから、主は一番いい時に献身に導かれてのではないでしょうか。素晴らしい母教会を誇りに思う昨今です。

    | - | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/595