SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< Merry Chrismas | main | 新年のご挨拶 >>
2018年を振り返り
0

    〇2018年を振り返り:

     明日は30日(日)で、今年最後の主日です。ほとんどのキリスト教会では「年末感謝礼拝」が行われるでしょう。1日おいて元旦になります。元旦礼拝をされる教会、されない教会とさまざまなケースがあるでしょう。

     「年末感謝礼拝」では、詩編119:1~5で「一年を感謝します」との題でメッセージをいたします。「元旦礼拝」では、詩編65:10~13で「豊作の年とされる」と題して語らせていただきます。1月6日(日)は「新年礼拝」として、新教会標語として「万事を益としてくださる神」(ローマ8:27~28)で語ります。

     30日の礼拝讃美は、新聖歌171「今日まで守られ」と190「静けき祈りの」です。「道」がメインテーマになるでしょう。道はへブル語で「デレク」、ギリシャ語で「ホドス」と言われ、「神の道、人の道、正しい者の道」と解せられます。旧約では「道」は、人間の生活、生活の原理等に多く使われ、新約では「神に至る道」としてキリストにむすびつけられています。キリスト自身が「わたしが道である」(ヨハネ14:5,6)と言われています。

     さて、皆さんは今年どのような道を通ってこられましたか。また新年はどのような道にみちびかれて行かれるでしょうか。ともかく今年一年を、新聖歌171にありますように「今日まで守られ」と感謝したいと思います。

     私にとって今年は人生の中で大きな転換期でした。引退、転居、鳥栖(伝)への担務牧師としての奉仕と、目まぐるしく展開した日々でした。主の導きと皆さんのお祈りでここまで守られ来たりし我が身でした。主にすべてを栄光に帰したいと思います。感謝します。

    | - | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/591