SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 新年度に入り1ケ月が終わりました | main | 宗像の地に住んで >>
5月に入りました
0

    〇5月に入りました:

     早いもので5月のゴールデンウィークの半ばに入っています。皆さんは如何お過ごしですか。長い牧会人生で今年のウイークが何も無いと言うのは、おそらく初めてではないでしょうか。祈祷会の金曜日も祝日で無しにしましたので、30日(月)から教会に行っていません。すべて家族と過ごしました。何かこれでいいのだろうかと自問しましたが、妻が「何十年と働き続けて来たのだからいいのですよと」と言ってくれてホットしました。

     この間に書類の整理や、新住所になりましたので色々な契約書等の住所切り替えが必要で、意外と忙しくしています。75歳になりましたので、私の健康保険なんかも3月末までは社会保険で3割負担、4月1日から27日までは2割負担、誕生日の28日から7月31日までは1割負担と目まぐるしく変わりました。無呼吸症候群と内科のそれぞれの医師に紹介状を書いていただき、5月に入れば宗像の病院に診療していただこうと思っています。無呼吸症候群の機器のメーカーから何回か電話をいただき、関係の病院の院長に依頼してくださいました。このように多くの方々に守られていることを覚え感謝しています。

     人間は「三位一体」(テサロニケ第一の手紙5:23b)の存在であることを覚え、まさに神秘であると聖書から教えられます。「からだも心も霊」もつながり、神の御手の中ではぐくまれているのです。不思議に今まで守られて来たことが、「ああそうだ、神様の恩寵だったのだ」と深く覚え、これからの一日一日を大切に生きよう、生かされようと思いを新たにするのです。「憐れむ」はギリシャ語で「エレオス」、へブル語で「へセド」と言いますが、まさに神様の「憐み」の中で日々生かされているのだと感じています。ハレルヤ!

     

     

     

    | - | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/539