SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 14日礼拝、他の恵み | main | 牧会伝道の難しさ >>
2018年(平成30年)の展望
0

    〇2018年(平成30年)の展望:

     新年が始まり早くも20日が過ぎました。本当に時間の経つ事の速さを感じます。皆さんは如何ですか。一昨年にカナダからケン・シゲマツ牧師が来られて、「賢者の生活リズム」(忙しい人を支える)の本の出版記念講演をされました。私も出て講演を注意深く聞きました。ケン・シゲマツ師は「仕事や勉強、家庭、教会の奉仕などによって、あなたの生活がすっかり奪われている・・・。私は予想もしなかった時と場所で、今の生活を続けながらも日常生活のすべての面で神を経験できる生活リズムがあることを発見しました」と述べられ、大変教えられたことを思い出しました。

     さて、新年にあたり教会がどのようになって行くかは、担当する牧師として当然意識して祈り、取り組まなければなりません。40歳から牧会伝道して35年間にわたり主は色々な経験をさせていただきました。社会人としての15年間と合わせて50年間に良い数々の体験をさせていただき今に至っています。家庭を持って46年間も色々ありましたが、ここまで守られて来たことに感謝します。何回も書いて恐縮ですが、5つの教会を牧会伝道させていただき、貴重な経験を35年間にわたり主は私に与えてくださいました。

     新年の展望としては、教会が成長して地域に大いに用いられ、各信徒が良き証しをしていただき、教会に次々と新しい人が導かれ、その中から主を信じる人が起こることを切に願っています。教会創立65周年にあたり、当教会が重要な岐路に立っていることは確かです。教会員はどれほど意識して下さっているかは分かりませんが・・・。ともかくすべてを主に委ねて、前向きに進むしかありません。一歩踏み出した時に主も共に働いてくださいます。

    「主は彼らと共に働き〜それに伴うしるしによってはっきりお示しになった。」マルコ16:20

    | - | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/502