SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 牧会伝道35年の感想と感謝 | main | ケニア(アフリカ)宣教師の市橋隆雄師との3日間 >>
第104回九州聖会に出て
0

    ■第104回九州聖会に出て:

     104年間続いている日本で最も歴史のある聖会が、8日(日)の夜〜10日(火)4時まで福岡の油山シャローム教会(日本イエスキリスト教団)で開催され、当教会からも延べ30人ほど参加いたしました。特に2日目の祝日の9日には20数名が参加いたしました。2日目の午前の聖会は3日間で最大の200名近い参加者でした。当教会のクワイヤーの「ジョイ・オブ・ゴスペル」の奉仕がありました。あとで皆さんから素晴らしかったと言われ、その聖会の司会者として、牧師として嬉しかったです。10数名のクワイヤーの中には年配者も多くおられましたが、そのところが素晴らしいですよと皆さんが言われていました。年配の方々の笑顔が大変良かったと言われていました。勿論レベルもゴスペルの専門家の有名なH姉指導で相当アップしています。

     講師の北米ホーリネス日本人教会の大倉 信師と、福岡新生教会(バプテスト連盟)の竹田 浩師がそれぞれの賜物を生かして、熱情を持って語ってくださり、参加者一同は大いに燃やされました。聖会ですので清められなければいけないのですが、むしろ宣教のスピリットに押し出された聖会になりました。竹田師は終始「すべては祈りだと」と語られました。大倉師は「家族を愛し、教会を愛し、神を愛し続けなさい」と言われました。

     私は70回目から参加しています。途中転任がありましたから何回かは抜けていますが、若き時代も、75歳に近い今も九州聖会ではぐくまれています。九州聖会は私の「霊のふるさと」です。「霊のチャージ」するところです。神のリバイバルがこの九州から起こりますように。アーメン。

    | - | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/477