SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 9月の感謝と共に10月への期待 | main | 10月のスタート >>
9月の感謝と共に10月への期待
0

    ※9月の感謝と共に10月への期待:

     早いもので9月が終わり、新しい月の10月を迎えます。今日も教会では「俳句の会:小羊の会」がありました。秋の季語で多くの投句がありました。10数名が毎月出席されて賑やかに進められています。本当に楽しい句会です。ほかに「吟行:色々なところに行き、野外にて句を作ること」を言います。車で出かけて、昼食を各自持参して食べるのも楽しいです。

     教会員と外部から来られる方々が多くおられて、信仰俳句が出たときは質問が出ます。このように皆さんが教会や牧師に興味を持ち、教会に親しみを持ってくださっています。今その中からこの3ケ月に渡り礼拝に欠かさず出ておられる方もいます。今日の句会に私が出したものを披露させていただきます。

     「白髪に 神の冠 敬老日」 「小倉山 京の嵯峨野に 薄紅葉」 「人の世の 夕辺に散りし 木槿(むくげ)かな」 まだまだ上達していませんが、毎回楽しく投句し、他の方々のすばらしい俳句に教えられています。

     さて、9月は「ナザレン九州聖会」をはじめ多くの行事がありました。「慶長祝賀」を受けられた75歳以上の方々は30名おられました。当教会にはこのように長年教会に仕え、活躍された信仰の先輩がおられることは感謝です。次の世代に受け継いで行きたいと思います。

     10月も素晴らしい行事が備えられています。104年続いている「九州聖会」や、「聖化大会」や、アフリカからの宣教師の市橋隆雄師を迎えての礼拝もあります。10月は「ナザレン伝道月間」です。アメリカでナザレン教会が生まれた記念の月です。またルターの宗教改革500年記念の年、月でもあります。期待して祈り待ち望みたいと思います。

    | - | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/474