SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 母の日を前に | main | 思い出の台湾の牧師 >>
思い出の韓国の牧師
0

    〇思い出の韓国の牧師:

     もう30年ほど前でしょうか、福岡で日韓教職(牧師)セミナーが行われ、私も親しくしていた在日大韓福岡教会のL牧師に誘われて参加いたしました。その時にメッセージの牧師が急に出来なくなり、「日下部先生にしてもらえないか」となり、急遽私がさせていただきました。確か1時間語ったと思います。その中で、主の導きだったと思いますが、日本が犯した過去の戦争の戦責を心からお話しして、お詫びを申し上げました。私のメッセージが終わるとすぐに一人の年配の韓国の牧師先生が駆け寄って来られ、私を抱いて「素晴らしいメッセージだった。キリストの愛で許します」と涙ぐんで語りかけてくださいました。そして「韓国に来て諸教会を回り、メッセージをしてください」と言われました。すべての手配も通訳も私がしますとも言われました。その牧師こそ私が生涯忘れ得ぬTM牧師です。それから数年に渡り渡韓(22回)して約500教会ぐらいでメッセージと戦責告白をさせていただき、日韓の架け橋のような働きをさせていただきました。教派としてはTM牧師が監理教(メソジスト)でしたので、70%ぐらいが監理教で、あとはナザレンや長老教会でした。その交流で当時私が開拓した鳥栖教会に、韓国ナザレン教会の監督たちや、監理教の牧師、長老さんたちが大挙して来られた事もあります。韓国ナザレン教会の創立者で元老牧師のKY牧師もお世話になったおひとりです。ご家庭にも何回も泊めていただき親しい交わりをさせていただきました。ともかく韓国の牧師先生方は南北動乱で大変な経験をされ、命がけで開拓伝道、牧会伝道をされて来た方ばかりで尊敬しています。かつては東洋のエルサレムといわれた北朝鮮から、命がけで韓江(ハンガン)を渡り韓国に来られた牧師が多いです。家族を北朝鮮に残されている年配の牧師も多いです。南北の平和のために祈ります。ヨベルの年がきますように願います。アーメン

    | - | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/436