SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 鳥栖チャペル応援について | main | 年度末感謝祈祷会 >>
鳥栖(伝)への応援感謝
0

    〇鳥栖(伝)への応援感謝:

     皆さん、1年間無牧の鳥栖伝道所へのお祈りと応援を有難うございました。26日(日)の礼拝を持って地区の応援を終わりました。最後も礼拝奉仕を地区幹事である私がさせていただき、妻も同伴して教会員と共に1年間守りの感謝を捧げました。子どもたちを入れて15名の礼拝でした。1年間に渡り地区の牧師先生方が交代で月2回の応援をいただきました。DVD(私の1年間のCGNTV礼拝説教52週分)や理事長の説教CD他で1年間守られました。

     4月からは若い牧師先生が後を担ってきださいます。期待して祈っています。何しろ鳥栖は九州の中心地であり、交通網も発展しており、将来有望な地です。祈り待ち望んでいた九州新幹線も着き、九州各地に日帰りで簡単に行けます。本当に便利な時代になりました。新幹線新鳥栖駅から歩いて7~8分のところに420坪の土地に伝道所があります。サツカーの「サガン鳥栖」も1部リーグ(J1)に定着していますし、周辺もどんどん開発が進んでいます。これからも鳥栖(伝)の働きのためにお祈りください。初代牧師として心から伝道の進展を願い祈り続けさせていただきたいと思います。

     留守中を今回も博多からK牧師(引退牧師)が来ていただいて礼拝説教を取り次いでいただきました。77名の礼拝であったと係数表に書いてありました。何人か欠席の中でも、多くの方々を起こしてくださった主に感謝しました。さあいよいよ来週から4月です。新年度(2017年度)に入ります。教会創立64周年になります。来年度は記念すべき65周年です。新年度主は何を当教会にしてくださるのでしょうか。今朝の早天では「人生の最終章で何をなすべきか」とパウロの手紙を通して問われました。ローマ5:4~5「希望は失望に終わることはない」と教えられ、「腰を据えて(ギ語キシゾー)働きをしましょう」とメッセージいたしました。

    | - | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/424