SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

<< 年度末への取り組み | main | 鳥栖(伝)への応援感謝 >>
鳥栖チャペル応援について
0

    〇鳥栖チャペル応援について:

     26日(日)の礼拝を鳥栖チャペルで守ります。私にとりましては懐かしい鳥栖です。前にも書きましたが、34年前に初めて鳥栖の儀徳町で家の教会としてスタートいたしました。それまでナザレン教団の九州は1地区でした。九州の中心地に鳥栖(伝)が出来た結果、九州は南北の2地区に分けられました。将来、鳥栖は九州のセンター的な教会として成長するようにとの願いがありました。

     現実は過酷な状況で、全国的にも過去50年間キリスト教不毛の地でした。佐賀県はそんな県でした。神学校出たての私にとって何から手を付けていいか手探り状態でスタートいたしました。

     6帖2間の平屋の中で5人家族が寄り添いながら、3年間過ごしました。3人の幼い子供にとってはつらい期間ではなかったかと思います。でも神様は助けてくださいまして、鳥栖の中心地に420坪という土地を与え、会堂を建て、多くの魂を救いだしてくださいました。異端からの救出、ホスピスの働き、刑務所伝道、地域のPTA活動や、青少年の育成活度等、多くの働きを通して教会は成長し、地域になくてならない存在になりました。

     今もある講壇は、今から110年前に、熊本でナザレン創始者の喜多川広牧師が使われた記念すべき講壇です。会堂を建てたときに熊本教会の磯崎牧師(当時)と役員の皆さんが運んでくださいました。その講壇に立つごとに、ナザレンの開拓スピリット思い、心が熱くなります。

     無牧だった鳥栖(伝)に地区幹事として最後の礼拝奉仕に26日に夫妻で行きます。どうぞお祈りください。また新しく着任される若き牧師のためにも合わせてお祈りください。感謝。

    | - | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://p-kusakabe.i-nazarene.com/trackback/423