SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

私の想い出に残るキリスト教会:大阪桃谷教会
0

    〇私の想い出に残るキリスト教会:大阪桃谷教会

     私の三番目の牧会した教会です。今は亡き青木師(当時の教団理事長)が、新年の元旦に突然嵯峨教会に訪ねて来られて、奥様を嵐山観光に連れて行ってくれないかとのことでした。私は単純に信じて、周辺を少々案内していました。ところがすぐに教会に帰ろうと言われました。私は「まだまだ多くの所が一杯ありますのに」と言いました。「有難う。もういいので教会に帰ってくれる」と再度言われたので帰りました。妻は最初から今回は何かがあると感じていたそうです。そして理事長としての「桃谷教会の大変な問題の説明がなされた」のです。この問題を知る人もだんだん少なくなってきましたので、あえて当事者として証言しておきます。この出来事は教団、いや日本のキリスト教会にとっても大変な問題(教理、牧会)でした。結果的には当時の牧師が何十人(20~30人の中心メンバー)を連れ出して、新しい教会を近くに作るという事でした。その牧師は私の友人でもありました。教会が完全に2分(分裂)された状態でした。結果的には「今、桃谷教会を収められるのは君しかいないから、大変だけど行ってくれないか」とのことでした。私にとっては青天の霹靂(へきれき)でした。

     着任時には両方(離脱者、残る会員)から教団からの回し者のように思われました。それだけ問題が深かったのです。色々な問題が多く残りましたが、神様は不思議なな方で6年間で去った方々の同じ数を教会に加えて(受洗者、転入者)くださいました。詩編121:8の通りでした。私達夫妻にとっても6年間は大変な戦いでした。しかし大きな喜びでもありました。大阪桃谷教会は当時の大阪の超教派の中心教会でした。ナザレンの代表的な教会でもありました。私にとっても大変な牧会伝道の経験を与えられたケースでした。 

    | - | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    私の想い出に残るキリスト教会◆У都嵯峨教会
    0

      〇私の想い出に残るキリスト教会◆У都嵯峨教会

      京都嵯峨教会は私が牧会した2つ目の教会です。あの有名な景勝地の嵯峨嵐山のど真中にあります。JR福知山線の京都駅から15分ぐらいの地にあります。1年を通して多くの観光客が日本中、世界中から来られます。私は教団の都合で2年間という短い牧会でしたが、充実した本来の伝道牧会をさせていただきました。鳥栖が13年間でしたが、嵯峨は2年間のみという好対照の月日でした。でも時間に関係なく多くのものを学び、戦いもありました。

       5代目牧師として精一杯働かせていただきました。超教派のラジオ牧師をされていた方がおられて、いつも静かに見守り励ましていただきました。最初は緊張しましたが、いつも穏やかにして礼拝に出てくださり、私のほうが恐縮した想い出があります。いつも励ましてくださいました。どれほど助けていただいたことでしょう。献身者も出て、よく訪問もいたしました。私にとって本来の伝道牧会でした。感謝でした。

      | - | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      私の想い出のキリスト教会
      0

        〇私の想い出の教会

         私の母教会は京都本町ナザレン教会です。受洗は学生時代ですので別の教会でした。しかし青年時代は実質的には本町教会で育ち、結婚し、献身した想い出の教会です。当時は青木義昭牧師、そして樋口 茂牧師の薫陶を受けました。妻はその前の桜井鶴太郎牧師から洗礼を受けています。本町教会はナザレンの本部として、熊本から引き継がれた地です。勿論戦前のことです。神学校もあり多くの牧師が育っています。

         戦後に献身した牧師として、女性の方々は何人かおられるのですが、男性は私が喜多川信先生に続いて2人目だと思います。多感な青年時代に牧師先生や、信徒の方々に愛され、祈られて信仰的に育てられたと思います。ほとんどの方々は天に召されておられます。桜井師、青木師、樋口師も召天されました。寂しい限りです。

         伝統ある本町教会で「ナザレンの源流」に触れて、良き訓練を信徒として受けさせていただき、献身に37歳の時に導かれました。幼い子ども達を連れての献身でした。15年間社会人として働きました。主に電子機器の会社でした。大学が電子工学でしたので・・・。

         神学校の3年間は本当に多くの援助に支えれ、祈られて終えることが出来ました。特に本町教会の盲人の方々の献身的な支えに感謝しました。当時70~80人ぐらいの礼拝でした。私は働きながら信徒学校(超教派)で学び、終了していましたので、牧師先生のお留守にはよく奨励(礼拝)をさせていただきました。CSや青年会、役員と多くの奉仕もさせていただきました。15年間の備えがあったから、主は一番いい時に献身に導かれてのではないでしょうか。素晴らしい母教会を誇りに思う昨今です。

        | - | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        新年への期待
        0

          〇新年への期待:

           新しい年も早や10日近くなろうとしています。年賀状も毎日送られてきます。ありがたい事と同時に返信を書くことに追われています。そう言うとたいそうになりますが、半数ぐらいがまだ飯塚ナザレン教会の牧師として書いてくださり、転送されてきます。昨年3月末で引退しまして、鳥栖(伝)に再開拓の使命を受けまして担務牧師になりました。住まいは遠く離れた宗像の地にいます。皆さんには転居の挨拶状を出さなかった事もあり、このような状態になったのでしょう。

           元旦礼拝、6日の新年礼拝と過ごし、新教会標語も与えられていよいよ新年が動き出した感じです。私が所属していますナザレン九州北地区もほとんどの教会がこの数年に新しい牧師を迎えられて、すっかり変わった感じです。過去、近畿、関東、九州北地区と責任者の幹事をさせていただき、それぞれの地区の特徴を深く受けました。特に無牧の教会があった関東地区、北地区には気を使いました。

           さて新年ですが鳥栖(伝)でもどのように新年の取り組みをしていいか話し合い、具体的に取り組みたいと思っています。まだ教会としての形態が整っていなかったので、一から立て直す感じです。会計面や伝道面等が整っていません。他方面の方々にご迷惑をかけていて申し訳ない感じです。少しずつ整えて行きたいとこの一年に取り組みました。幾らこの伝道所の開拓牧師と言っても20年以上(最初の開拓からは35年)の歳月が経過し、ほとんどのメンバーがおられません。そのような状態の中で何から手をつけていいかと迷いました。とりあえずこの教会を維持し、将来に何とかつなぐことを考えました。牧師不在になると閉鎖の危機的状況をはらんでいる小さな伝道所です。何とか35年間守っていただいた神の建てられた教会を維持し、将来に希望を持ちたいと切に思います。お祈りをよろしくお願いいたします。

          | - | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          新年礼拝に備えて
          0

            〇新年礼拝に備えて:

             皆さん、改めて新年のご挨拶を申し上げます。皆さんはお正月の3日間はどのようにお過ごしになりましたか。4日からは多くの場合、通常の業務に入る所が多いですね。ある所は今週を全部休み、来週の7日から始まる所もあるようです。学校も来週の月曜から始まるのですね。当教会も6日(日)は「新年礼拝」として、聖餐式や新年の教会標語に基づくメッセージをいたします。ホームページには早々と牧師の新年の挨拶を載せてくださいました。

             

             新年の教会標語は「万事を益として下さる神」(ローマ8:27~28)です。この御言葉で1年間の目標とさせていただきます。どうぞ皆さんもお祈りくだされば幸いです。

             

             新年はもう引退した身ですので、年賀状は省略させていただこうと思っていましたが、多くの方々からいただきまして、やはり年頭の良き習わしだと返事の賀状を出させていただきました。何人かはもう今年で辞退とさせていただきたいとの賀状もありました。来年は私もそうしょうかなと思っています。これも来年にならなければわかりませんが・・・。この年齢になりますと、一年一年がとっても尊い思いがいたします。何か今も生かされているとの感謝が沸いてきます。40代半ばで奉仕していた頃に、協力牧師として奉仕していた先のホスピスのドクターに、「先生は血症盤過多で長生き出来ませんよ。短命に終わるケースを3人も知っているので、今を大事にしてくださいね。牧師先生だから言いましたけど」と淡々と言われてショックを受けたのを思い出します。今は無呼吸症候群の呼吸器を夜付けていますが、8年長生きしますと言われ、付けないと6年短命に終わると東京の専門医にいわれました。合計14年長命になるのでしょうか。人間の体は神様が造られたから全てが不思議だらけです。

             

             それぞれが新年の目標や抱負を持たれたことでしょう。大きな転換期に2019年はなりそうですね。天皇が代わり、元号も変わります。東京オリンピックも2020年に行われます。キリスト教会(界)も変わってほしいですね。真のリバイバルがこの日本に来ますようにと祈ります。 

             

            | - | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            新年のご挨拶
            0

              〇新年のご挨拶:

               「その恵みをもって年の冠とされる。」(詩編65:11)

               

               「新年明けましておめでとうございます。新年が皆さんと教会、世界にとって祝福された年となりますようにお祈り申し上げます。」

               

              日本では「平成」が終わり、新しい年号になります。天皇も代替わりされ大きな転換期になるでしょう。キリスト教会も新しくならなければなりません。真のリバイバルがこの日本に来たりますように・・・。

               

              このブログも8年目を迎えます。本当によく続いたと感謝しています。これも皆さんのお祈りと励ましがあったからと感謝しています。1週間に2回内容を更新していますが、多くの方々が見てくださっています。本当にありがたいことです。時には報告のような時もありますが・・・。いやそちらのほうが多いかも知れませんね。でもこのブログをみて(教会のホームページ内にありますので)、礼拝に来てくださった方もあります。わたしが鳥栖(伝)に帰って来まして、先日も30年振りに電話をかけてくださった方もおられました。涙ぐんで声が震えていました。本当にありがたいことです。

               クリスマスにも書きましたが、幼い時に鳥栖(伝)のクリスマスに2~3回連れられて来たとのお話しを聞き、日下部先生も声は少しも変わらず、お元気で良かったと言ってくださった若い女性の方が来てくださいました。伝道は長い時を経てつながっている地味な働きだと改めて感じました。今年も宜しくお願いいたします。これから「元旦礼拝」に出かけます。

              | - | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2018年を振り返り
              0

                〇2018年を振り返り:

                 明日は30日(日)で、今年最後の主日です。ほとんどのキリスト教会では「年末感謝礼拝」が行われるでしょう。1日おいて元旦になります。元旦礼拝をされる教会、されない教会とさまざまなケースがあるでしょう。

                 「年末感謝礼拝」では、詩編119:1~5で「一年を感謝します」との題でメッセージをいたします。「元旦礼拝」では、詩編65:10~13で「豊作の年とされる」と題して語らせていただきます。1月6日(日)は「新年礼拝」として、新教会標語として「万事を益としてくださる神」(ローマ8:27~28)で語ります。

                 30日の礼拝讃美は、新聖歌171「今日まで守られ」と190「静けき祈りの」です。「道」がメインテーマになるでしょう。道はへブル語で「デレク」、ギリシャ語で「ホドス」と言われ、「神の道、人の道、正しい者の道」と解せられます。旧約では「道」は、人間の生活、生活の原理等に多く使われ、新約では「神に至る道」としてキリストにむすびつけられています。キリスト自身が「わたしが道である」(ヨハネ14:5,6)と言われています。

                 さて、皆さんは今年どのような道を通ってこられましたか。また新年はどのような道にみちびかれて行かれるでしょうか。ともかく今年一年を、新聖歌171にありますように「今日まで守られ」と感謝したいと思います。

                 私にとって今年は人生の中で大きな転換期でした。引退、転居、鳥栖(伝)への担務牧師としての奉仕と、目まぐるしく展開した日々でした。主の導きと皆さんのお祈りでここまで守られ来たりし我が身でした。主にすべてを栄光に帰したいと思います。感謝します。

                | - | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                Merry Chrismas
                0

                  〇Merry Christmas

                   「天に栄光、地に平和」ルカ2:14

                  2019年のクリスマスをお祝い申し上げます。今年も主の恵みによって守られて来たことを心から感謝いたします。早く世界に「主の平和」が来たりますように祈るものです。

                   23日(日)はそれぞれの教会で「クリスマス礼拝」を送られたでしょう。私達の伝道所でも恵みのうちに送らせていただきました。私にとりましても鳥栖での22年振りのクリスマス礼拝でした。閉鎖の恐れがあった小さな伝道所に、不思議な導きで4月から担務として遣わされて来て、何とか半年間を過ごし、クリスマスを迎えられるなんて・・・。

                   23日は何と17名の子供と大人合わせての恵みの礼拝、祝会を送らせていただきました。教会員フルメンバー、外から4名の方々が招かれて午前の礼拝、午後の祝会を3時までさせていただきました。中でも久留米の病院の緩和ケアーに入っておられる方が娘さんの車で参加してくださり、最後までおられたのは感謝でした。何とその娘さんは幼い時(20数年前)に2~3回鳥栖伝道所に来てくださったとのことで私を覚えてくださっていたそうです。またその親子の方々は2年ほど前のM兄の葬儀(私が司式)に参列されたそうです。本当に不思議なご縁です。午後に親しいM姉とその娘さんと一緒に、がん末期のお母さんのために手を置いて祈らせていただきました。「このクリスマスがわたしにとって最後になるかもしれないと思い参加しました」と言われていました。神様の慰めと守りがありますようにと願いお別れしました。今は平安ですと言われて小さなほほえみをかえしていただきました。皆さんの手作りの美味しい昼食を和気あいあいの中で頂き、本当にアットホームなクリスマス会でした。あと30日の年末感謝礼拝、そして新年の1日には元旦礼拝、6日は最初の新年礼拝と続きます。皆様のお祈りを感謝いたします。妻と一緒に参加しましたが、私の方が1時間余りの汽車で帰り着くなり、ベットに横になるという状態でした。20分ほどで痛みは回復して安心しました。ごうぞ皆さま良き新年をお迎えください。

                  | - | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  健康管理について
                  0

                    〇健康管理について:

                     今年もクリスマス、そして年末を迎えます。皆さんは一年間のお疲れは出ていませんか。若い時はそんなに感じませんでしたが、年齢を積み重ねてくると、なかなか疲れが取れません。どんな働きも健康でないと続きませんね。私も最近は医者通いや整骨院が増えて来ました。これは仕方がないことかも知れません。8年前から無呼吸症候群のために毎夜器具をかぶり、酸素(空気)を入れています。不思議な事にあれほどいびきが激しかったのが全くしません。すごい勢いで空気が一晩中入っているのです。寝ながら色々な治療がされているとのことです。1ケ月に1度医院に行き、1ケ月分のデーターをいただいて診断結果が出るのです。センターで器械管理されていて詳しいデーターがでるのには驚きです。以前は機器の中のメモリーカードを引き出し、病院でデーターを出してもらっていました。

                     高血圧、不整脈、尿酸値高く、血症盤過多・・・色々と弱さがあります。妻も重いリュウマチ、糖尿病です。そん日々の戦いの中でも主は平安を与え、助けてくださいます。

                     今年も恵みの内にクリスマスを迎えさせていただきます。23日(日)のクリスマス礼拝、祝会が喜びの内に送れますように・・・。皆さんにも平安と祝福が豊かにありますように。

                    | - | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    八幡教会礼拝奉仕
                    0

                      〇八幡教会礼拝奉仕:

                       約6ケ月ぶりに礼拝奉仕を八幡教会でさせていただきました。私が今住んでいる宗像から快速(JR鹿児島線)で35分で八幡駅まで行きます。いつも通う鳥栖までは1時間余りと比べると半分の時間です。八幡教会は以前も何回か奉仕をいたしました。ある100歳になる方(女性)の葬儀や納骨式もさせていただいたこともあります。30年近くになると思いますが、ガン末期のYさん(男性)と八幡製鉄病院で、2人だけでクリスマスの歌を歌い、やがて彼は召されて、ご家庭で葬儀をさせていただきました。当時のY牧師も駆けつけて2人で葬儀を多くの方々が家に入れないで、周りにおられた中での葬儀でした。まだ子供さんが小学生と中学生でしたので、先生方や同級生が一杯こられていたのを思い出します。16日の礼拝、食事後に車で駅まで送って下さった途中に、その病院が少し名前を変えてあったものですから、Yさんのことを思い出しました。

                       さて16日の礼拝はアドベント第3主日でしたので、ルカ福音書2:8~14「天に栄光、地に平和」と題して語らせていただきました。少数ではありましたが、皆さん熱心に聞いてくださいました。いよいよ来週はクリスマス礼拝です。牧師が休職中ですので信徒が奨励し、午後はコンサートがあるとのことです。信徒がそれぞれの立場で奉仕されている姿を見て、来週も多くの方々が来られることを願いながら帰宅しました。

                       鳥栖(伝)も23日はクリスマス礼拝、祝会(持ち寄りの昼食会)、楽しい交わりをいたします。祝福を祈っています。幼い頃、私に会ったという方も来られるとのことで楽しみにしています。 

                      | - | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |