SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師コラム

鳥栖(伝)への応援感謝
0

    〇鳥栖(伝)への応援感謝:

     皆さん、1年間無牧の鳥栖伝道所へのお祈りと応援を有難うございました。26日(日)の礼拝を持って地区の応援を終わりました。最後も礼拝奉仕を地区幹事である私がさせていただき、妻も同伴して教会員と共に1年間守りの感謝を捧げました。子どもたちを入れて15名の礼拝でした。1年間に渡り地区の牧師先生方が交代で月2回の応援をいただきました。DVD(私の1年間のCGNTV礼拝説教52週分)や理事長の説教CD他で1年間守られました。

     4月からは若い牧師先生が後を担ってきださいます。期待して祈っています。何しろ鳥栖は九州の中心地であり、交通網も発展しており、将来有望な地です。祈り待ち望んでいた九州新幹線も着き、九州各地に日帰りで簡単に行けます。本当に便利な時代になりました。新幹線新鳥栖駅から歩いて7~8分のところに420坪の土地に伝道所があります。サツカーの「サガン鳥栖」も1部リーグ(J1)に定着していますし、周辺もどんどん開発が進んでいます。これからも鳥栖(伝)の働きのためにお祈りください。初代牧師として心から伝道の進展を願い祈り続けさせていただきたいと思います。

     留守中を今回も博多からK牧師(引退牧師)が来ていただいて礼拝説教を取り次いでいただきました。77名の礼拝であったと係数表に書いてありました。何人か欠席の中でも、多くの方々を起こしてくださった主に感謝しました。さあいよいよ来週から4月です。新年度(2017年度)に入ります。教会創立64周年になります。来年度は記念すべき65周年です。新年度主は何を当教会にしてくださるのでしょうか。今朝の早天では「人生の最終章で何をなすべきか」とパウロの手紙を通して問われました。ローマ5:4~5「希望は失望に終わることはない」と教えられ、「腰を据えて(ギ語キシゾー)働きをしましょう」とメッセージいたしました。

    | - | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    鳥栖チャペル応援について
    0

      〇鳥栖チャペル応援について:

       26日(日)の礼拝を鳥栖チャペルで守ります。私にとりましては懐かしい鳥栖です。前にも書きましたが、34年前に初めて鳥栖の儀徳町で家の教会としてスタートいたしました。それまでナザレン教団の九州は1地区でした。九州の中心地に鳥栖(伝)が出来た結果、九州は南北の2地区に分けられました。将来、鳥栖は九州のセンター的な教会として成長するようにとの願いがありました。

       現実は過酷な状況で、全国的にも過去50年間キリスト教不毛の地でした。佐賀県はそんな県でした。神学校出たての私にとって何から手を付けていいか手探り状態でスタートいたしました。

       6帖2間の平屋の中で5人家族が寄り添いながら、3年間過ごしました。3人の幼い子供にとってはつらい期間ではなかったかと思います。でも神様は助けてくださいまして、鳥栖の中心地に420坪という土地を与え、会堂を建て、多くの魂を救いだしてくださいました。異端からの救出、ホスピスの働き、刑務所伝道、地域のPTA活動や、青少年の育成活度等、多くの働きを通して教会は成長し、地域になくてならない存在になりました。

       今もある講壇は、今から110年前に、熊本でナザレン創始者の喜多川広牧師が使われた記念すべき講壇です。会堂を建てたときに熊本教会の磯崎牧師(当時)と役員の皆さんが運んでくださいました。その講壇に立つごとに、ナザレンの開拓スピリット思い、心が熱くなります。

       無牧だった鳥栖(伝)に地区幹事として最後の礼拝奉仕に26日に夫妻で行きます。どうぞお祈りください。また新しく着任される若き牧師のためにも合わせてお祈りください。感謝。

      | - | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      年度末への取り組み
      0

        〇年度末(2016年度)への取り組み:

         いよいよ26日(日)の礼拝、そして31日までの日々を持って、長かった1年間が終わります。今はレント(受難節)の真最中ですが、やがて受難週、受難日、イースター(復活日)を迎えます。礼拝では「ガラテヤの手紙」の講解説教が19日に終わり、受難の説教に入ります。ただ26日は私は地区幹事としての最後の奉仕(鳥栖伝道所への)で、留守にします。代わりに今回もK牧師が当教会に来てくださり、聖日礼拝のご用をしていただきます。感謝なことです。K牧師には本当に助けられ、いつも心強く思っています。

         4月23日(日)の定期教会総会の公示もし、その準備も総務を中心にしていただいています。13名の役員が一致して取り組み、希望を持って進んでいます。当教会にはローア部もあり、盲人の方々もおられ、色々と配慮して準備がされています。新年度の当教会では7月末(29日)に「クラシックコンサート:ヘンデル・マリアのひととき」(大屋省子他2名)、9月18(祭、月)~19日(火)に「九州ナザレン聖会」(古川ナザレン教団理事長)、11月27日(月)~28日(火)九州聖書信仰大会(藤本満師)と、すばらしい大会が多くあります。当教会以外でも聖会や諸集会が超教派で多くもたれています。

         今年の教会標語のごとく「愛に根ざし真理を語り、成長する」(エフェソ4:15)を目標に互いに励んで行きたいと思っています。礼拝が早く100名になるようにと切に願っています。 

         

         

        | - | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        新旧合同役員会
        0

          〇新旧合同役員会:

           3月は年度末(2016年度)です。4月から新年度の2017年度が始まります。教会創立64年で、来年は創立65年になります。1958年(昭和28年)5月22日に宗教法人として登記されています。4年前に創立60周年の記念事業をさせていただきました。会堂内外のリフオームや、特別集会:韓国からチョン・ピルド師一行、ユーオーディアアンサンブル(6名)を迎えての3日間の伝道集会でした。3年前にはグラハム師を迎えての「希望の祭典イン福岡」(福岡国際センターとヒルトンホテル)に全面的に協力いたしました。1万人集会として素晴らしい大会になりました。私も大会会長として全力を尽くさせていただきました。

           12日(日)の礼拝後に昼食を頂き、役員会を開催いたしました。新しく役員に選ばれた兄姉も加わり、3月末で退任される方々も合わせて、10数名が昼食を頂き、和気あいあいの交わりで始まりました。行事報告、会計報告、4月の総会準備、年間行事、教団年会、地区報告・・・多く議事がありました。また大切な会員の状況、イースターに向かっての取り組みと多々ありました。

           7代目牧師として4月から7年目を迎えます。本当に早いものです。責任役員、役員、教会員の皆さんの祈りと支えで今日まで来られて感謝です。いつも私の執務室の机の前にその月の行事予定表と奉仕表が貼ってあり、それを見ながら、次々とこなしています。本当に1週間、集会が多いです。でもそれが恵みです。毎朝の早天をはじめ家庭集会、各文化教室、祈祷会、礼拝・・・。

           いつもこの年齢になりますと、1年1年が最後と思い頑張っています。病院で治療を受け、空気・酸素パットを毎晩かぶり、連れ合いもあちこちの痛みに耐えて、かろうじて日々過ごしています。いよいよファイナルステージに入っている感じです。でも悲壮感はありません。ご安心ください。主に全てを委ねながら希望を持ち、教会員と共に前向きに進んでいます。いつもお祈りを感謝しています。ハレルヤ!

           

          | - | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ゴスペルの報告
          0

            〇ゴスペルの報告:

             11日(土)午後2時半から久留米のシティプラザ・グランドホール(1500名収容、4階席まで)で、第6回ゴスペル大会がチャリテイーとして行われました。旧井筒屋の跡地にすばらしいシティープラザビルが多目的機能を備えた建物として建てられて、こけら落としもかねてゴスペル大会が、ジョン・ルーカスさんやサックスの安武さんを迎えて華々しく行われました。ホールはほぼ満席になり素晴らしい動員力でした。本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

             ホールはまれにみる立派な作りで驚きました。4階まで人々が入る盛況でした。音響もよく、230名のゴスペルのバックも迫力満点でした。当教会からも多数の出演者や出席者で素晴らしかったです。広重貴子さんが実行委員長として活躍されていました。毎月飢鹽教会に指導に来てくださっている方です。

             12日(日)の礼拝には、私は3週間ぶりに講壇に立たせていただき、すごく緊張いたしました。いろいろと忙しくしていましたが、やはり当教会に帰って来まして、大切な礼拝説教をさせていただくのは、何よりも感謝なことです。今月は第1週に聖餐式が出来ませんでしたので、2週の12日の礼拝でさせていただきました。

             礼拝後に新旧合同の役員会を行いました。年度の締めくくりと、新年度への取り組み等を話し合いました。皆さん大いに期待を持っておられるようで安心しました。主が大いに支えて下さるようにと祈り終わりました。

            | - | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            3月12日(日)の礼拝を前に
            0

              〇3月12日(日)の礼拝を前に:

               大阪でのナザレン年会を終えて帰りましたら、多くの取り組みが残っており戸惑いました。2回礼拝を休み(2月26日の鳥栖伝道所の礼拝奉仕、3月5日の年会中の礼拝)、k牧師に2回お願いして無事に乗り切りましたが、12日(日)には久しぶりに飯塚教会の講壇に立ちます。

               長く牧師をさせていただいても、2週間も講壇を空けるのは珍しく、また病める方やいろいろな問題を抱えておられる方々が多くおられるので、対応を迅速にしております。ただ高齢になりましたので、100名近い教会員に対応するのは限界があることは確かで、訪問もままならぬ現状を憂いています。11日(土)には久留米で「ゴスペル大会:チャリティー)2000名」があり、当教会からも多くの会員が出演し、また参加します。私も車で教会員と共に参加いたします。昨年10月に当教会のゴスペル大会(250名参加)に奉仕くださったジョン・ルーカスさんがメインゲストです。旧井筒屋跡の素晴らしいホールのこけらおとしの大会でもあります。祝福を祈りたいと思います。

               

              | - | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ナザレン教団第70回年会に出席しました
              0

                〇ナザレン教団第70回年会に出席しました:

                 3日(金)~5日(日)まで大阪(コスモスクュアー国際センタ)で行われた年会に出席していました。しばらくブログが更新出来ませんでしたが、昨晩無事に帰宅して、疲れを取り、このブログを書いています。教団、各教会にとって大切な年会で、白熱した討議が交わされました。また大年会は2年に一度ですので、多くの方々との交わりが親しくありました。3日間のプログラムも大変多くあり、主日礼拝を中心に全部参加いたしました。きっとナザレンの群れも、この年会をきっかけに新しいスタートを切ることでしょう。

                 世界監督やアジアのコージネーターも来られ、多くの宣教師も招かれた、国際的な年会にもなりました。他教団や韓国からの牧師(日本のナザレンに加入希望者)も、受け入れられて開かれたナザレンになった思いです。これからが楽しみです。一方、地方にある教会の困難さが増して来ているようで、緊急の課題と祈り必要性を感じました。本部再建も新たなスタートが切れそうで、少し安心いたしました。新しい任地(移動、新卒業)に多くの牧師が発表され、この2年間に引退、召天牧師の感謝会と記念会も行われました。私が幹事している九州北地区にも新しく3名の牧師が赴任される事になりました。新しい執行部も選挙で選ばれ、これからの2年間の教団のかじ取りをされます。大変困難なテーマも多くあると思いますが、頑張ってナザレンの群れを守っていただきたいと願っています。皆さんもお祈りください。

                | - | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                鳥栖と下関に行ってきました
                0

                  〇鳥栖と下関に行ってきました:

                   26日(日)の礼拝は鳥栖伝道所で奉仕をさせていただきました。懐かしい鳥栖を離れて、約21年になります。1983年に神学校を40歳で卒業して、東京から5人家族で鳥栖に開拓伝道に遣わされて、早や34年になります。幼い子供3人と妻と共に「実質ゼロ」からの開拓でのスタートでした。3年間は6帖2間の家の教会で伝道いたしました。日本で最もむつかしいと言われた佐賀伝道でした。3年後に417坪の土地が与えられ、会堂兼牧師館を建てて、その後に宿泊施設を建て、色々な働きに用いられました。13年間の間に多くの人々が救われ、また転入されてきました。その後に3~4名の牧師の移動があり、残念ながら多くの信徒が他の教会に移っていかれたのです。

                   苦難を乗り越えてきた教会で久しぶりに説教奉仕をいたしました。前の晩に用意した説教要旨(皆さんに差し上げるもの)を忘れてしまい、とんだ失態をしてしまいました。礼拝後に温かい食事の交わりを頂き、その後に教会の建物のリフォームその他を話し合いました。

                   27日は朝早くに出て、下関に行きました。「日韓宣教協力会:ラブリッジ)」の交わりで、韓国からの宣教師10名ぐらいと日本側牧師20名ぐらいでしょうか。集まり祈りと交流、今後の希望等を分かち合いました。3回目は梅光学院大学で行われました。遠くでしたが参加して良かったです。今後の日韓宣教協力がさらに前進することでしょう。祈って行きましょう。

                  | - | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  教団年会を前にして
                  0

                    〇教団総会を前にして:

                     明日は25日で2月最後の聖日礼拝です。2月はナザレン教団としての「女性月間、教職奨励月間」でした。また以前から「信教を守る日、月間」でもありました。いろいろな意味での重なった月間でした。皆さんはどのように過ごされたでしょうか。

                     さて明日の25日は、私は急遽「鳥栖チャペル」の礼拝奉仕に出かけ、午後は諸問題について話し合いを持ちます。地区の責任者として祈り、今後の鳥栖教会の在り方を真剣に考え、話し合いたいと思っています。34年前にゼロから開拓させていただいた教会であり、思いも深いものがあります。この1年間にわたり無牧であり、地区の牧師方に交代で応援(礼拝)していただき、あと1ケ月で終わります。新しい牧師が来ていただければ無事にバトンタッチが出来ます。

                     当教会はK牧師に来ていただき説教奉仕をしていただきます。k牧師には5日と26日も来ていただく予定です。本当に感謝なことです。3~5日(日)の3日間にわたり大阪で「第70回ナザレン年会」がもたれます。大変大切な年会です。私も祈りながら参加させていただきたいと思っています。東日本の災害の影響を受けた本部ビルの再建(リフォームか、新築か)問題が最大の議題になるのです。主の導きで最適な結論が出ますように願います。おそらくナザレン全体がそのように願っていることでしょう。私たちにとって重要な本部(教団事務所、神学校、目黒教会:本部教会)です。お祈りください。

                     

                    | - | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2月後半に入っています
                    0

                      〇2月後半に入っています:

                       早いもので2月も3回の日曜礼拝を終え、26日は最後の礼拝です。教会総会があったり、ケズィックがあったりあわただしく動いています。26日は鳥栖チャペルの礼拝に急遽行かしていただきます。新しい牧師を迎えるためのリフォームの件もあります。当教会は今回もK牧師に来ていただいて礼拝奉仕をしていただきます。

                       さて教会の方は今週は多くの行事があります。明日は早天のほかにに夜に嘉麻市での家庭集会(立派な会堂:福音館)、水曜日は初心者コースの学びが10時半から1時間、夜は祈祷会、木曜は「俳句教室」(2階では聖書の学び会が平行してあります)。金曜は「料理教室」、夜は月1回の「ゴスペルの夕べ」があります。土曜は聖書の学び会が2時からあります。毎日早天(祈祷会)が1時間あります。

                       週間にしますと多くの方々が教会に出入りされています。教会員だけでなく、外からの方々も多くおられます。牧師として礼拝も含めて100人近い方々のケアーは大変で、副牧師か協力牧師がいてくださったら助かるし、伝道も拡大するのではと思っています。どうぞお祈りください。今日も打ち合わせで遠い糸島まで車で、高速道路を乗り継いで行ってきました。2~3月は計3回当教会の礼拝を抜けてしまいます。3月は年度末、4月から新年度に入ります。新しい思いで取り組んでいきたいと思っています。当教会での7年目の牧会になります。40歳からスタートして来年3月末で35年(75歳)の牧会生活になります。その間に5教会を牧会させていただきました。九州、京都、大阪、東京、九州と多方面に渡っています。主に感謝しています。 

                       

                      | - | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |