SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師コラム

子ども祝福礼拝
0

    〇子ども祝福礼拝:

     11日(日)は子ども祝福合同礼拝を行いました。小さな教会ですが、先週は召天者記念礼拝をおこない、11日は子ども祝福礼拝をおこない感謝しました。3名の子ども、6名の大人で9名の礼拝でした。あとは3~4名おられるのですが、色々な都合(勤務、体調不良等)でお休みでした。11時から礼拝をして(いつもは10時半から子ども、11時から一般礼拝をしています)、今朝は牧師のメッセージの前に「子ども祝福」の時を持ちました。式文で行いました。3名の子供(小5、中2の男女)に一人一人の頭に手を置き、祝福を牧師が祈りました。終了後に拍手で祝福をしました。子どもたちも照れ臭そうでしたが、嬉しそうだったようです。この教会は今までこのような教会行事を余りしていなかったようで、子ども達にも戸惑いががあったかもしれません。むしろ子どもの両家族の方々が嬉しそうでした。

     もう一度「教会とは何をする所」であり、歴史的な起源を説明して、原点に帰り牧会伝道をし直さなければならないと感じました。来週も「収穫感謝礼拝」で、野菜や果物を持参してくださいと言いましたが、どこまで皆さんが理解されているか不安です。今年一年はそう言った基本を改めて指導し、近づくクリスマスにも取り組みたいと思います。皆さんに希望を聞いても返答が余りなく、こちらで企画しないといけないかなあと思っています。元旦も一日(30日が年末感謝礼拝)おいてのすぐの日ですのでまだやるか、やらないかは結論が出ていません。久しぶりに鳥栖の礼拝に出た家内とも、焦らずにコツコツしないといけないねと帰りに話しました。皆さん!どうぞお祈りください。

    | - | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    自動車について
    0

      〇自動車について:

       昨日はこの私のブログを1315通も見ていただき感謝しています。いつも3~4日に内容を変えて聞き込んでいますが、色々な方が見てくださいまして感激しています。このブログも8年間続いています。最近は2014年のCGNTVで1年間全国に流された飯塚ナザレン教会での礼拝(52回分)他のDVDを見てくださる方が増えて感謝しています。遠く離れていても先生の姿とメッセージに親しみを持っていますとお便りいただき感謝しています。

       さて、車の件ですが、我が家では2家族いますので、どうしても軽自動車が2台必要で、家内も車で移動、買い物するように手術後(両膝に人工関節)からリハビリを受けて、運転しています。もう1台も家族の勤務のために必要です。車検がくるとあちらこちらと探し、2年車検付きで10万キロ走行以内で、15万円以内という大変な条件で探し、購入いたします。そのために数件の中古車センターを当たります。2年前に家内の車も4万5千km走行で2年車検付きで17万円で購入いたしました。それまで乗っていたポンコツ車を有料で引き取ってもらいました。今回も12月初めに車検が切れる車がありますので、あちらこちらを当たり、いいのがありそうです。頭に具体的に描き、祈り求める時に主は最善の車を与えてくださいます。このことは他の事にも通じます。「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。」マタイ7:7ハレルヤ!

       

      | - | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      3日(土)の地区女性ブロック集会の報告
      0

        〇3日(土)の地区女性ブロック集会の報告:

         連休に入り、高速道路も渋滞と事故のために、北九州組は遅れて来られて大変だったとのことでした。少々遅らせて開会礼拝をさせていただきました。箴言3:13~20で「幸いな日々、生涯」と題して語らせていただきました。

         昼食を和気あいあいの中で取り、午後からは先ずDVDで3日に全国映画館で上映される「パウロの愛・・・」の主人公を演じる俳優の証と、CGNTVからの予告編を見せいただきました。その後、2分団に分かれて意見交換の時がもたれました。最後に私が簡単にコメントをさせていただき終了となりました。有意義な女性会でした。

         4日は「召天者記念礼拝」を持ち、先に天に召された方々を偲びました。当伝道所も歴史は浅いですが何人を天に送っています。特に開拓教会でしたので、皆さんが熱心で一人ひとり想い出に残る兄姉でした。

        | - | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        特別伝道礼拝奉仕
        0

          〇特別伝道礼拝奉仕:

           前から依頼を受けていました小倉教会での28日(日)の礼拝奉仕は恵みの内に終わりました。2年前に神戸平野教会から転任された吉持志保牧師が、牧会されて受洗者も出ている教会です。2年前に当時地区幹事をしていました私が「牧師就任式」の司式をさせていただいた縁もあり、また昨年12月に、芸術劇場(1200名収容)での「北九州市民クリスマス」の講師をさせていただいたこともあり呼んでいただいたそうです。

           当日は小倉駅にK兄ご夫妻が迎えに来てくださり、教会まで乗せていただきました。教会の前が広くなり国道からきれいに見えるようになり驚きました。古家が取り壊されたそうです。もう一軒壊されるとのことでした。駐車場になるよていとのことでした。

           さて10時半からの「教会創立61周年記念礼拝」としても28日はなっていたのです。私はエフェソ2:19~22より「私たちは神の家族です」と題して語らせていただきました。求道中の方も何人か参加されており、いつもの倍ぐらいの礼拝でした。午後の昼食交わり会も女性会手作りのお弁当をいただき、なごやかな交流をいたしました。小倉教会の今後のお働きと祝福を祈りながら帰りました。今週末の11月3日(土、祝)は、鳥栖(伝)で「北地区ブロック女性会(福岡、北九州、佐賀)の集まり」があります。そこでもメッセージを取り次ぎます。4日(日)の礼拝は「召天者特別礼拝」で、先に召された方々を偲び礼拝をいたします。

          | - | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          不思議な神の導き
          0

            〇不思議な神の導き:箴言5:21「人の歩む道は主の御前にある。その道を主はすべて計っておられる。」

             最近色々なことを思い出します。皆さんは如何ですか?以前はそんなことは無かったのですが・・・。やはり年を経て来ているのですかね。「信仰の父」と言われたアブラハムは75歳から召しをうけてカナンの地に出て行ったのです。あの有名な故日野原重明医師も「75歳からが第3人生の始まり」と言われていました。

             私も75歳になり、後期高齢者の認定を受けまして4月(誕生月)からスタートを切りました。昨年4月に車の免許の更新を受けました。講習(講習と実技)を受けて更新しました。実技で広いコースを2回周らされて、色々と指導を受けました。記憶や運転の腕も結構落ちていると自覚しました。これからは3年に1度の更新とのことで心配しています。50年以上運転をしていますと、すぐに免許を返上とはいかず、スローライフに行けません。

             何事をするにしても焦りが先に来てしまいます。神に委ねたらいいものを、つい自分の力で無理をしてやろうとしてしまいがちになります。でも昨年からの色々なことを振り返りますと、確実に神様が働いてくださり、すべてを益に変えてくださったように思えます。

             4月からの鳥栖伝道所の働きも、スローペースですが進んでいます。アットホームな教会で皆さんは心安らかに交わっています。28日(日)の礼拝は、小倉教会の奉仕で出かけます。良き伝道礼拝と交わりになりますように。留守中の鳥栖(伝)が守られますように祈ります。

            | - | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2018年度後期に入っています
            0

              〇2018年度後期に入っています:

               教会では4月から9月末で前期と言い、10月から翌年3月末の6ケ月を後期と言います。後期はクリスマスや新年も入り多くの行事があります。

              先週の14日は前回に言いましたが、「世界ナザレン教会創立記念礼拝」を持たせていただきました。創立者ブリジー博士の創立精神と、現在の私たちのナザレン教会の立場、有り方を深く考えさせられました。前に書きましたように100年以上前の日本ナザレン教会の創立者の喜多川広師が実際に使われていた講壇を使いながら、感無量の思いがしています。それも毎礼拝ごとですから・・・。

               15日~16日に大宰府で「北地区牧師会」が持たれました。北地区休職の先生や、病気の先生がおられ祈らされました。寂しい思いです。来年3月にもたれる「教団大年会」への年会議題を討議いたしました。また地区聖会や各教会の情報を交換いたしました。

               28日には小倉教会の特別礼拝に招かれて、伝道メッセージをさせていただきます。多分、昨年の「北九州市民クリスマス」に講師としてお話ししたこともありお招き下さったのでしょう。祈り備えています。

               11月は多くの行事が目白押しにあります。これから月1回は他教会の応援で抜ける可能性があります。留守中はわたしのDVD(実際のメッセージ姿、声で)で礼拝を守っていただいています。どうぞ10月後半、11月の礼拝と諸行事が守られますようにお祈りいたします。

              | - | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ナザレン日礼拝を迎えて
              0

                〇ナザレン日礼拝を迎えて:

                 14日(日)の礼拝は「ナザレン教会創立記念日礼拝」で、世界中のナザレン教会が記念の礼拝を守ります。讃美歌も新聖歌436「未(いま)だ見ぬ地」を歌います。これは昔からナザレンの歌と言われていました。特に折り返しの「暁に太陽 などて沈むべき」宣べ伝えよや

                全き福音 闇を破る 日のごとー が創立者ブリジー博士の言葉でした。

                 今から133年前(1895年)にアメリカのカルフォルニアで第一ナザレン教会が、ブリジー博士のもとに135名の会員をもって創立されたのです。それが10月第二聖日だったのです。以来、世界のナザレン教会160ケ国は守り続けているのです。ナザレン・メッセージをします。

                 現在の世界ナザレン教会は「キリストに倣う弟子を作ること」が、大きな目標です。日本でも2007年に京都で「日本宣教100周年」の祝賀行事が行われました。それからもう11年経過しています。熊本、京都、東京と本部が変わり、現在の本部は大改修中です。何と私が担務している鳥栖伝道所の講壇は、熊本で最初にナザレン教会を作られた故喜多川広師が使われていた講壇なのです。今から32年前に新会堂の献堂式の時に、熊本教会の当時牧師であった磯崎國和師と有志の壮年会の皆さんがトラックで運んでくださったものです。長イス2つも合わせて献品していただきました。開拓の色々な思いでがあります。  

                | - | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                コンサートと九州聖会の報告
                0

                  〇コンサートと九州聖会の報告:

                   7日(日)は台風も通過した後で、快晴に恵まれて「初穂の聖日礼拝」を守らせていただきました。台風25号が1日遅れて来ていたら大変なことになっていたでしょう。神様の守りを感謝しました。土曜日は外に出ると吹き飛ばされそうな突風でした。私が通う鹿児島本線も長時間止まっていました。

                   7日の礼拝には外国からの方々も多く参加(コンサートまでおられました)されて、賑やかな礼拝になりました。まさに教会はエペソ2:19の神の家族でした。聖餐式もあわててパンとぶどう液を増やしていただきました。

                   礼拝後に皆で協力して机を別室に移動して、イスだけにして40~50名入れるコンサート会場を作りました。皆さんが協力していただきアットいう間に設営が終わりました。昼食を頂き、1時過ぎに演奏者の平井カナさんが下関から駆けつけてくださいました。伴奏の韓国からわざわざ来てくださった李さんも同伴してくださいました。すぐリハーサルに入られ、2時まえに打ち合わせと、祈りの時間を持ち備えました。

                   会場一杯の会衆で驚きました。初めての方も10数名で感謝でした。素晴らしい演奏(フルートとピアノ)と救いの証をしていただき、アットいう間に終わりました。

                   翌日の8日は祝日でしたので、福岡の油山での「第105回九州聖会」に車で1時間半かかって参加しました。素晴らしい聖会でした。私は引退してすべての超教派の委員を辞退しましたのに、名誉委員とかで祈祷や夜の聖会の司会まで奉仕を依頼されてさせていただきました。これも感謝なことでした。終わり車で帰宅し、夜の11時頃に着きました。

                   

                  | - | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  福岡県宗像に移りて
                  0

                    〇福岡県宗像に移りて:

                     宗像市は博多と北九州の中間に位置いたします。海や山があり風光明美な所です。今住んでいるのは14階建ての9階です。見晴らしがよく、自由な空間がいいです。1年前までは想像も出来なかった状態です。ガラッと環境が変わりました。1年先のことは分かりませんね。

                     信仰生活も53年、結婚生活が47年、牧会が35年(会社勤めをいれると50年)と数えていたら切りがありません。後期高齢者の仲間入りで、色々な手続き、書類が来ます。まだ天国?からは来ていませんが・・・。もう少し暇になると思っていましたが、そうでも無く結構忙しくしています。2日~3日ごとぐらいにリハビリに行き、内科やその他の病院にも掛かっています。何種類も薬を飲み、また貼り、塗りつけて体のケアーが大変です。70代後半を迎えると体のあちこちが痛みます。若い時から相当無理をしてきた漬けが来たのでしょう。

                     週の内に2回(祈祷会と礼拝)、鳥栖伝道所に汽車で通っています。片道1時間15分(乗っている時間)かかります。本当は教会に住んで、本来の牧会伝道が出来たらいいのですが。色々な事情で今は出来ません。それでも皆さんが待っていてくださいますので、喜んで通っています。7日はいよいよ「チャリティーコンサート」です。台風25号は前日の土曜日に通過して、何とか日曜日は守られるようでホットしています。祝福されたコンサートになるように祈り備えています。講師のフルートの平井カナさんも山口から車で来てくださるようで、無事に着かれるように願っています。皆さんもお祈りください。

                    | - | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    10月を迎えました
                    0

                      〇10月を迎えました:

                       早いもので10月を迎えました。皆さんはお変わりありませんか。新年度の4月から半期の6ケ月が経過いたしました。昨日は9月最後の礼拝を持ちました。私は遠距離から汽車で通っていますので、台風の影響もあり教会員や家族は心配してくれました。

                      鹿児島本線は通常運転で無事に東郷駅から鳥栖駅まで久留米行き快速で着くことが出来ました。1時間15分かかりましたが、雨と風が普段よりも強かったですが守られました。いつものように車で駅に迎えに来ていただき、いつものように礼拝をささげました。昼食とり来週もたれる「コンサート」の準備を皆でしました。雨ために外での作業(草刈等)は出来ませんでしたが、プログラム等の袋詰めをして終わり駅に送っていただきました。結構風は吹いていましたが、駅では特例で特急に乗り、ノンストップで博多駅まで行くことが出来ました。そこから10分ぐらい待って快速で帰りました。

                       土曜日は午後に西南大学100周年記念館でセミナーがありました。テーマ「終活」で、特に「葬儀」の問題が中心でした。直葬のことや、葬儀が大切な儀式であり、伝道につながる業であることが改めて教えられました。

                       10月は「ナザレン伝道月間」です。伝道に取り組みたいと思っています。お祈りください。

                      | - | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |